「虎ノ門サイエンス」タグアーカイブ

タバコの害について 虎ノ門サイエンス

共同通信によりますと受動喫煙が原因で死亡する人が国内でおよそ1万5千人に上るという推計がまとまりました。これは厚生労働省の研究班が受動喫煙の割合や因果関係があるとされる肺ガンなどの死亡統計をもとに年間の死亡数を推計したものです。

2010年の推計ではおよそ6千8百人でしたが、その後、受動喫煙と脳卒中との因果関係が明らかになったことから、脳卒中による死亡のおよそ8千人が上澄みされ2倍以上になりました。

調査をした国立ガン研究センターは受動喫煙を減らすために国レベルで法規制するのが国際的な流れで、日本も最低限、職場や公共施設の屋内を禁煙にするべきだと話しています。

以前武田先生がタバコと肺ガンの関係は直接の原因ではないという話がありましたが、このニュースはタバコが脳卒中の原因、それも受動喫煙ということで、厚生労働省のホームページを見ましたら、タバコを吸う人と吸わない人の脳卒中のリスクを比べると吸う人の方が1.7倍男女とも高くなると書いてありました。

タバコの害について、実際体にどう影響するのでしょうか。

このニュースは面白いニュースで、今まで肺ガン肺ガンと言ってきたけど、どうも肺ガンじゃないので、ごまかそうと思ってズルズルと国立がん研究センターがやっているのです。

もちろん血管系の病気というのはタバコを吸うとなりますので、脳卒中とかこのさき脳腫瘍とかいろいろ出てくると思います。

そこはなるほどと思ってください。おお、肺ガンがなくなってきたなと。

また、ケーキを食べると糖尿病になります。それで1万5千人くらい死にます。なぜケーキが売っているのでしょうか。なぜケーキが良くてタバコはダメなのでしょうか。

塩辛もおいしいですが、日本人の5分の1が塩分をとると血圧が上がります。5分の4は関係ないですが。5分の1はだいたい3千万人くらいですが、3千万人の人が塩辛を食べると高血圧になります。なぜ塩辛は売られているのでしょうか。

なぜタバコだけがいけないのでしょうか。

社会というのは同じようなことをやっているのに、自分の感情でいいとか悪いとか区別するようになります。ほとんどの場合は自分が好きなものはいいと。

お酒を飲めば肝臓の病気になるのがわかっていますが、みんなお酒が飲みたいものだから、お酒はOKです。お酒の害とタバコの害は絶対に比較しません。

下手に比較するとタバコはやめろと言われているから、お酒もやめろと言われる。そうなると人生が暗くなると。

ところが頭の中が整理できない人は脳のホルモンはいろいろありますがそれが整理できない人はニコチンが必要でその人たちにとってみればタバコはやめられないのです。

今まで肺ガン肺ガンと言ってきましたが、タバコの害というのは主に血管系が多いのです。肺の場合は肺ガンではなく、肺胞の方の病気があり、それに注意しなければいけません。

それを庶民はバカだから肺ガンと言っておけばいいだろうという医療機関のさぼりが今の混乱を招いています。

だいたい今どき受動喫煙はなかなかありませんよ。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket