「中東情勢」カテゴリーアーカイブ

核テロとそのデマそして北朝鮮 31日虎ノ門ニュース8時入り!青山繁晴さんその5

青山さんが沖縄でP-3C(軍用機)に乗せてもらったのは2005年です。その時のP-3Cは白く輝く機体でした。しかしそれは海の上に出てしまえばものすごく目立ちます。撃ってくれと言っているようなものです。世界の軍用機は濃いグレーに塗ります。グレーに塗ると軍用機になります。日本国憲法第9条には陸海空軍その他の戦力は保持しないと書いてあります。グレーに塗ると軍用機になってしまうため白く輝く機体なのです。旅客機と同じ色なので他の国の軍隊から見れば標的が動いているようなものなのです。しかし、それが今ではグレーに塗られています。その辺の状況は少しずつですがよくなってきています。しかし、国民に事柄の真実を説明しないままなぜ白くなっていたのか、なぜグレーになったのかなぜ説明しないのでしょうか?(事柄の真実はその4を参照してください)

安倍首相が核サミットに向けてアメリカに出発しました。核セキュリティーサミットについて私たちはピンと来ないといけません。なかなか取材許可の下りないフランスの国家憲兵隊が青山さん達を迎え入れてくれたとき、もっと許可の下りないNBC対応部隊(Bはバイオ、Cはケミカル、Nはヌークリアつまり核です)の取材も許可しました。なぜそれが許されたかと言うと東京あるいは京都でNテロ(つまり核テロ)が起きることを本気で心配して、日本と今までにない協力をしようと思うからです。この間、ベルギーのブリュッセルで残酷なテロがありました。あの時にテロをやった犯人が核テロを準備していました。フランス当局も証拠を確認しています。核テロとは原子力発電所をぶち壊し、そこにある放射性物質をまき散らす意味ではありません。原子力発電所というのは基本的には強固に守られているものです。この場合の核テロとはそうではなくて、放射性物質を盗んで、あるいは放射性物質にアクセスできる人を脅して盗んで、例えば地下鉄で撒き散らしたり、街なかで使うという計画です。これをダーティーボムと言います。原発の警備とは別問題です。この時によく覚えておいてほしいのですが、ダーティーボムが使われたとき、パニックにならないでいただきたい。福島の原子力災害も間違った避難のために無理やり透析を外されて無理な非難をしたために高齢者の患者さんが亡くなられてしまいましたが、放射線障害で亡くなられた方はいません。それどころか治療を受けた人もいません。したがってチェルノブイリのような例えばプルトニウムような一番深刻な放射線物質が出て行かないと実はそう簡単に死に至るものではなくて、ダーティーボムが使われても盗める物を考えると、実は、影響はパニックの方が大きいのです。市民がダーティーボムの威力の実態を知っていることが抑止力になるのです。どれだけ苦労してやってもパニックが起きなければテロの意味がないのです。核セキュリティーサミットでもそのことが話し合われますが、このことは公表はされないかもしれませんので知っておいた方がよいでしょう。

またその核テロについてデタラメがテレビで流さられていました。大学の先生で専門家と書いてあるので誰もが専門家と思います。日本の原発はずっと民間ガードマンが守っているだけだ。それはけしからん!というものを延々とやっていました。これは青山さんが当事者です。2001年9月11日の同時多発テロが起きる前から、日本の当時の原発が、民間ガードマンだけで守られているのはけしからんと青山さんは言っていました。原発にはリスクがないと嘘をついて、リスクがないから警官なんかいる必要がない。警官なんかが来てもらったらリスクがあることが分かってしまい困る。と電力会社が困るからという理由は青山さんは絶対におかしいと言い、そうして電力会社も政府機関も巻き込んでボランティアで議論を始めて今内閣の危機管理監をやっている西村康彦さん当時の警察庁の幹部が青山さんは民間人だけど電力会社と利害関係がないから本当かもしれないということで青山さんのところに警察庁からテロ専門の警護を一人出してもらい史上初めて一緒に原発を見て回り、言ってることは正しいということをわかってもらい、その結果何が起きたかというと9,11がその後に起きて、そのショックが言わば活用され、日本の原発はすべて武装機動隊の皆さんが配備され、銃もMP5に変更されました。原発のようなところは訓練されたプロのテロリストしか来ないのです。その換わり掛けの時期に起きた拉致事件も実はあります。プロしか来ないところには今までの拳銃では役に立たないのです。その結果遊び場所もないところに若い機動隊の人たちが強い志をもって24時間体制で守っているというのを15年くらいやっています。こういったことは議論も含めて青山さんは無償で働きかけています。それを国民の税金も入っている大学の先生が民間ガードマンしかいないと言っています。そう言うのはその場所に行ったことがない人です。その場所はあえて警官が見えるようにしているのです。それで地元の人が原発がリスクがあるのではないかと言った時には電力会社が堂々と議論するべきであって、警官が見えて初めて抑止力になるので、行けばすぐに見えるのです。その場所に行ってもいないのに15年以上もやってきていることをやってないとテレビで平気で言い、その修正もないということは日本を貶めることしか意図がないのかと。日本は穴だらけであっても官民合わせて連携すべきは連携してお互いに腹を立てながら言い合いをして、なんとか辛うじて前進しているところもあって、それを若い人に見ていただかないで「できないやってない」と嘘を言うメディアは腐っていると青山さんは声を荒げます。

青山さんは安倍政権の中枢にへメタンハイドレートなどの資源を産業化すること、もう一つは拉致被害者の救出、本来掲げているこの2つをもっと真剣に成果を上げるべきだと話しました。しかし、米韓合同演習をやってる限りは無理だと言われました。韓国軍が北朝鮮の海岸に上陸して中に入って行くという演習を見えるように行いました。独裁者の常として暗殺を心配します。この作戦は暗殺作戦に見えるわけです。金正恩総書記はビジネスでロケットを飛ばしていた面もありますが(24日のその2その3ご参照ください)要するに殺しに来るのであれば暴発してやる。どこもかしこも撃ちまくるぞということです。拉致事件はストックホルム合意で再調査が泡に消えたようになりましたが、水面下で話を進めようと安倍総理も含めてやっていますが、自己防衛本能がむき出しになり、拉致事件どころではなくなるのです。しかし、それは青山さんには受け入れられません。有本恵子さんのお母さんはだいぶ高齢になってきました。今まで長い間ずっと耐えてきて期間を待っているのです。北朝鮮のご都合に合わせるのは間違いです。

また、産経新聞の記事で北朝鮮のミサイルが今まで日本海側に撃っていたものを初めて中国側に撃ちました。中国国内には落ちてませんが、中国の北朝鮮との関係が危うくなり、緊張が高まっていることを意味します。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

ベルギーとシリアと教育についてそれぞれ 3月28日の虎ノ門ニュース8時入り!武田邦彦さん

なぜベルギーでテロが起こるのか。ベルギーはドイツ、オランダ、フランスに囲まれており、以前はスペイン領でした。イギリスやフランスから何度も攻め込まれてきています。オランダ180年前にオランダ連合としていったん独立をしました。しかし国内で言葉が違うのと仲が悪いということで結局別れたという国です。ベルギーの人はとても頭がよく、活動的でそういう歴史を踏まえているので外交がうまく、国を強くするためにEUの本部を全部持ってきました。またベルギーは永世中立国です。しかし周りが他国と隣接しているため、ドイツにも何度も攻め込まれています。その後1度永世中立を放棄しましたが、また永世中立国に戻りました。永世中立国といえども軍隊はあります。それが国際批判を受けるきっかけになったりもします。ベルギーの人口は1100万人でブリュッセルの人口は110万人です。そしてその中の80万人が外国人なのです。外国人に対してあまり違和感を持ってないのです。

シリアの将来をアメリカでロシアで決めようとしています。他人の国の将来を勝手に大国が話すのは覇権です。日本は大東亜会議で覇権は主張しないと言いましたが、アメリカ、ロシア、中国はいまだに覇権を主張しているわけです。日本の立場からするとシリアの運命をアメリカとロシアで決めるのはやめてくれと言うべきでしょう。ロシアがシリアを攻撃したのはウクライナの制裁を解くためです。難民問題やトルコの関係などでウクライナ制裁を続けていくことができなくなりました。そのへんを考えていくとプーチン大統領の思いのままになりました。しかしそこには人の命が犠牲になっています。また日本ではシリア政府が善でISが悪だということになっています。しかし元々シリア政府軍がアラブの春と言われた反政府軍をアメリカがテコ入れにより長期独裁政権の政府の転覆を図りました。その転覆を図った政府軍がISに勝つことをいいことだと表現されています。政府軍がアラブの土地を奪還するということはまた昔の独裁政権に行くわけです。

話は変わりますが、武田邦彦さんの子供に教える道徳の順序というのがあります。1、生きること、命を大切にすること。2、子供を産み、育てること、家庭を大切にすること。3、国土と国民を守ること、平和を守ること。4、法律を守ること、約束を守ること。5、教育を受けること、勤労をすること、納税を守ること。6、他人を尊重すること、愛想を良くすること。 今の社会を前提にすると改善はされません。悪いことを前提にすると悪いことを認めるということになります。まず正しいことを決めてそこに進むように努力することです。あえて例は挙げませんが武田さんと半井さんはいいコンビだと思いました。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

中東におけるアメリカの残したものと北朝鮮 3月24日虎8ニュース青山繁晴さんのまとめ3

さて、最後の回です。アメリカが作り出した組織、自称イスラム国。アメリカが何とかしなければなりません。しかし、無人機ではテロリストは殺せません。そこでイランに頼みます。イランはイスラエルに負けたことがありません。イスラエルと戦争したことがない唯一の中東の主要国です。軍事力自信あるだけでなく、革命防衛隊という国軍とは別に宗教指導者が思うように動かせる軍があるのです。革命防衛隊には陸軍、海軍、空軍があります。宗教指導者のもと、どこへでも聖戦を行いに行くのです。

そこにオバマ大統領は目を付け、革命防衛隊を出してくれと頼んだ(ようなもの)イランは快く受けます。イランは大統領を選挙によって選ぶので法の支配はありますが、革命防衛隊は法の縛りは受けないので何でもできると考えるわけです。

人間は目に見たものから学びます。イランは目の前で核を見てきました。核合意でイランは核を持たないことになっているが、フセイン大統領は核兵器はイスラエルから原発を攻撃され破壊されたので持つのをあきらめました。やがてその後死刑になります。リビアのカアダフィ大佐も核開発をやめたのち暗殺されました。間接的にアメリカが殺したようなものです。イランは北朝鮮とお付き合いしてる。北朝鮮はアメリカに実は大事にされている。ブッシュ政権からテロ国家の指定から外されました。核を持ってるからです。青山さん曰くイランは日本のことは好きです。よく研究してます。日本人の多くが理解していないことを理解してます。広島長崎は人体実験だった(戦争を終わらせるためではなく、戦争が終わりそうだったから原爆を落とした)データを持っているアメリカが一番核の威力の怖さを知っている。ここまでわかってます。人間をドロドロに溶かす原爆を実験に使うアメリカを見ているのです。それを見ているイランは核開発はやめません。アメリカはイランと手を組み、イランは北朝鮮から核兵器を買おうとしています。

北朝鮮はイランにイランからイスラエルまで届く長距離ミサイルを売り込むでしょう。ペルシャ湾はとてもきれいな海です。青山さんは泳いだそうです。そこを挟んでスンニ派のサウジアラビアとシーア派のイランが向かい合っています。どちらも異端同士です。サウジアラビアはアメリカを信用していて、アラビア半島に米軍基地を作りました。アメリカとイランが手を組めば、サウジアラビアは核を持とうとします。それは一から開発を進めるでしょうか?北朝鮮はサウジアラビアからイランまで届く短距離ミサイルをサウジアラビアに売り込むでしょう。北朝鮮の今頻繁にやっている長距離ミサイルや短距離ミサイルの実験はそのためのものなのです。

PAC3という迎撃ミサイルがあります。これを対北朝鮮用に配備しましたが、北朝鮮には最低100発同時に打てるミサイルがあり、それを撃ち込まれるとすべて撃ち落とす事は難しく、数本落ちてきます。落ちてくるものが必ずあるのに何も対策がありません。平成16年に初めて国民保護法ができましたが、中身は空っぽです。ミサイルは人の集まるところを狙います。地下商店街を地下シェルターにすればよいというのが青山さんの意見です。その法律の下、自治体と協力して作れば、北朝鮮に対する抑止力になります。中国は北朝鮮の闇の船を沖合に追い出したりと仲が悪いのですが、戦争に持ち込もうとするなら日本にミサイルを打ってきます。ロシアはあてにならず、中国と日米を敵に回すより、中国と共通の敵を攻撃したほうがよいからです。可能性があるのです。まとめますと、アメリカもただの一つの国ですから、日本は日本のやり方物事を考え、決断し、アメリカと対等に交渉する国にしましょう。それには地方の自治体からの働きかけも必要です。終盤は怒涛のたたみかけでした。自分の中でももう少し噛み砕こうと思います。稚拙な文章ですみませんでした。


保守 ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

Pocket

日本人の人権と核、イラク戦争におけるアメリカの世界に及ぼす影響 3月24日虎8ニュース後半のまとめ2

北朝鮮のミサイルの意味。メディアは、飛翔体から短距離弾道ミサイルと呼び方が変わり、アメリカと韓国の合同演習をにらみ北朝鮮が軍事的力を誇示したかったと言っているが、そんな大きな問題ではない。色んな距離飛ばしている。ビジネスとしている。北朝鮮はテロ国家であった。拉致もテロである。しかしブッシュ大統領のときにテロ国家の指定からはずしたのだ。これは日米同盟を破壊するものとして抗議するべきであった。オバマ大統領がよく人権を唱えていたが、人権というならば、拉致された人の人権はどうなるのか。アメリカでも有名になってしまった横田めぐみさんはどうなるのか。安倍政権は抗議するべきである。日本人拉致の他にも、大韓航空爆破など行ってきたが、お金にならないことに気づき、ミサイルと核開発に移行していった。核兵器を売るビジネスである。その売り手先の一つはイラン(公式では全面否定)である。

オバマ政権の残した最大の問題はイランと妥協したことである。イラン政府は全面否定しているが北朝鮮と協力して核開発をやってきました。しかし、北朝鮮が核実験をやる度に人工衛星でイランの軍の人間や、政府の人間が映っているのです。イランと北朝鮮の協力関係は世の常識なのです。オバマ大統領は黒人でなければできない約束をしました。それは「2度とアメリカの青年を戦地で殺さない」というものです。無人機で打ちまくるわけですが。イラクで吹き飛ばされた米兵の遺体を復元して国に返す際、その悲惨さによりネットよりも口コミで「戦争はもう嫌だ」という雰囲気が広まりました。アメリカは戦争で勝ったために戦争が正義となり、ドルの裏打ちにもなり、アメリカ経済が繁栄してきたため、それが抜けられません。勝ったために苦しんでいます。ベトナム戦争以上の厭戦気分の中、オバマ大統領は黒人という抑圧された側だから約束ができました。しかしそのために、自称イスラム国(イラク戦争を元にして現れてた)に対し、ブッシュ政権はフセイン大統領を処刑しました。「異端は異教より憎し」異教はキリスト教と仏教など、異端はスンニ派とシーア派などで、異教同士より異端同士の宗教戦争が凄惨です。フセイン大統領はクルド人の赤ちゃんまで毒ガスで殺すひどい人でしたが、同時に一番テロリストを防いでいました。戦前、世俗派であるフセイン大統領はバクダッドの大学病院で女性外科医が男性の腹を開き手術をしました。これはフセイン大統領からすると許せないことです。イスラム原理主義の過激派テロリストを徹底的に弾圧しました。

しかし、ブッシュ政権は油ほしさで、テロリストを打ちのめすということを掲げイラク戦争を始め、フセイン大統領を死刑にしました。(その戦争には小泉政権は全面協力し、手足を縛られた自衛隊を派遣しています。)つまり、テロリストを殺すのではなく、それを抑えていたフセイン大統領を死刑にしたのです。9,11のテロの犯人はフセイン大統領と敵対していたイスラム原理主義のテロリストです。自分たちを抑え込んでいたフセイン大統領がいなくなったため、テロリストの天下です。自称イスラム国を作りました。アメリカが作り出したと言ってもいいでしょう。

長くなってきたのでこの辺で。後半青山さんは熱くなって早口になり理解するのに苦労しました。戦争は負けた方はもちろんですが、勝った方も不幸にしかなりませんね。さらに過熱する青山さん。つづきは後半のまとめ3へ

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

テロ対策と抑止力 3月24日(木)の虎八ニュースのまとめ

毎週月曜日と木曜日は虎八ニュース見てます。朝8時からニコ生等でやってるんですが、月曜日は武田邦彦さん、木曜日は青山繁晴さんが出てます。メモ取りながら見てるんで、そのまとめをしようかと。

最近ベルギーでテロがありました。22日にイスラム国で犯行声明があったベルギー同時多発テロです。朝の地下鉄で働き盛りの人たちも多く亡くなりました。しかし、その背景にはいろいろあるようです。EUの本部があるベルギーの首都であるブラッセル(ブリュッセル)の町中にイスラム教徒が占拠している場所があり、そこには軍が使う武器(横流し)が公然と売られているというのです。そこは周辺の国も知っていて警戒しているます。また、テロが起きる以前にトルコで自爆犯を捕まえて、ベルギーに強制送還された事件があり、そこでトルコ政府はベルギーに対し、警戒をつよめるよう指示したのですが、あまり動かなかったようです。(こんなこと書いて大丈夫なのか?)

んで今度伊勢でサミットがありますよね。(テロについても話し合うとか)日本はテロは大丈夫なのか?ってことなんですけど、フランスのパリで起こったテロ、イギリスのロンドンで起こったテロと状況が似ているということなんですね。警察は24万人いますが、伊勢に結構集まるため、手薄になるところがあり、そこで大阪京都が狙われやすいとか。京都は役庁移転が海外でも報道され、旅行の行きたい国ランキングでも上位で外国人から人気があります。テロを行う時は田舎よりも都会の方が目立つのでテロリストはそういった場所を好むらしいのです。ニュースでは日本は安全だと言っているようですが、テロに関しては別です。空港や新幹線でも手荷物検査をするべきと青山さんは言っています。成田でも昔は手荷物検査をやっていたそうです。ニューヨークの地下鉄では今でも抜き打ちで手荷物検査をしています。それがテロに対する抑止力になっています。

警察が手薄になるんだったら自衛隊による準備はできないのか?ということなんですが、日本の自衛隊は世界でただ一つのポジティブリスト(リストにあることしかやってはいけない)の国なのです。出動させるには治安出動になり、日本の国防を取り仕切っている警察の手におえないときに自衛隊の出動を政府にお願いし、大臣たちの反対なし、国家公安委員長も賛成して、閣議決定でようやく自衛隊が出動するのです。まず無理ですね。スピーディーにやることできるのかな?青山さん曰く、そもそも日本は戦争に負けて軍隊を否定した。国民を守るという文字がイチジモ!(←虎八ニュースを見ましょう)書いてない憲法のまま国防は警察が握っている国なのです。

うん、わかりにくいです。はい。まだ理解不足であるのと、こんなこと書いて大丈夫なのかという不安で躊躇が出てしまいました。こんな稚拙な文章ですが読んでくださった方、感想でも指摘でも批判でもいいのでコメントくれたらうれしいです。


保守 ブログランキングへ

Pocket