「武田邦彦さん」カテゴリーアーカイブ

テレビに出ている学者のトリック 虎ノ門ニュース16日武田さん

虎ノ門サイエンスのコーナーで素人をだますトリックをやっていました。

・ワイン、温暖化のトリック

ワインを飲むと認知症になる確立が下がるというのはどうやら嘘だったらしいです。他に 二酸化炭素を増やすと温暖化するなどがあります。

 

武田の年齢と温暖化         世界平均気温

1960年 17歳               15,0℃

1980年 37歳               15.25℃

2000年 57歳               15.5℃

結論 武田が年を重ねると気温が上がるので、武田に栄養を与えて成長させてはいけないw

 

朝食を食べると成績が良くなるとか、タバコを吸うと肺ガンになるとかは全部これです。つまり相互の因果関係は無視して、武田さんの年齢と温暖化くらいになると関係ないだろと思いますが、かわりにCO2濃度を書くと信頼性が変わってきます。先入観があるかないかによって変わってきます。素人をだますために一番多く使われる手です。

 

・特定のデータと英語の論文を引用するとだませる

英語の論文を載せるとそうかなと思ってしまいます。太陽の黒点周期の長さの変化(赤線)と北半球気温偏差(黒線)との相関は気温の上昇と一致しています。太陽活動が盛んになると暑くなり。太陽活動が低くなると寒くなる。ということなのでもしこれを気象庁が出したら国民は太陽活動なんだなと思うわけです。その時の心理の信ぴょう性はデータと出典が出ているということなのです。出典は実は誰も読みません。

武田さんの本は基本出典は出してません。それは一種のトリックだからです。みんな読むはずがないのです。だけど引用すると何となく信ぴょう性が出てくる。という騙しのテクニックの一つです。

太陽の黒点周期と北半球気温偏差はグラフの線が一緒なのですが、それだけ見ても信用してはいけません。ただ一部のデータというだけのことです。それを見せればだませるというだけのことです。

 

 

・データを見せないで話だけする

この頃温暖化したから海水面が上がった。と話だけするとみんなそれを納得してしまう。日本の沿岸の合憲調書でおける2010年までの水位は1940‐50年くらいが一番高く、水位も高い。それからまた下がって、昔と似た潮位にあります。

 

ところがみなさんがどう思っているかというと、気温が上がってきたから水面も上がってきたのではないか。北極の氷もそうですが、1940-1950年が一番水位が高いのですが、人をだますことのもう一つのトリックは、一部のやデータが自分に具合が悪いとそれを見せない。話だけで押し切ります。何しろ海水面が上がっているからツバルは沈んでいるとか。

誠意ある人だったらそれを見せる。何しろ1940年はツバルは沈んでいる。もともと1940年は戦争の前ですから、日本軍もアメリカ軍もそこにいませんでした。まだあそこはかさ上げ工事はしてないので、全部が海水面の下でした。

ですから一つの教え方というのは、データの一部を見せないで話だけでつなぐというこれもトリックの一つです。

・はっきりダメでも数で圧倒する

喫煙者数がどんどん減っているのに肺ガン死亡者がどんどん増える。というデータに対しては、武田先生はおかしい。変人だと。全くダメなデータでも頑張ることができる。逆切れなかんじで人格を攻撃します。全くダメなデータでもなぜかごまかせるのです。

 

トリックの数々

・CO2が増えると「急激に」温暖化する

・最近、温暖化しているので海水面が上がっている

・朝食を食べると成績が上がり、食べないと切れやすい

・タバコを吸うと肺ガンになる

 

(原因)

1)データを見ないでテレビの言うとおりに洗脳される(北朝鮮型)

2)1:1の対応しか示さない(単純頭脳型・・・朝食)

3)過去のデータを説明しない(隠ぺい型・・・温暖化)

4)調査の範囲を限定する(狭い視野・・・タバコ)

タバコを吸うと肺ガンになるというのは入院患者だけを調べたということです。昔は医者が肺がん死が3千人だったころ、3千人の調査は綿密にしました。3千人の多くはタバコを吸ってました。それは事実です。武田さんのほうは、その当時4千万人がタバコを吸っていました。4千万人のデータを取りました。部分的なデータを取っていくのと大きなデータを取っていくのでは結果が違くなるのです。それを故意にやる人がいます。

故意でなければ錯覚なのですが、故意にやって調査の範囲を限定することによって答えを捻じ曲げてきます。

昔、休肝日というものがありましたが、お酒が弱い人がお酒を飲むことによって肝臓の病気になる人を中心に調べました。それでやっぱり休んだほうがいいと。ところが今は働いている人全員から見る。そうすると休肝日はいらないということになり、今ではもう休肝日ということは言わなくなりました。これは悪意ではなく患者さんを見ているお医者さんと、健康な人を見ている人と違うということです。今では休肝日ということは放送もしていません。血圧もそうで、血圧130と150と二つありますが、130はお医者さんから見たら130ですが、人間ドック学会では150ということです。調査対象が全体を表しているかどうか考えなければいけません。

通常の人間はタバコを吸っても肺ガンになりません。通常の人間はお酒を飲んでも休肝日がいりませんとなりますが、通常の人間でない人もいますので、そういう人は気を付けなければなりません。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

小保方さんって正しかったんだね 虎ノ門ニュース16日武田さん

ドイツの大学から論文が出ました。小保方さん以外でSTAP細胞があるのではないかという論文が2件になりましたが、化学など研究をやっている人は誰でも思うのですが、ブラジルを発見したポルトガル船はアマゾン川を見て島だと思いました。必ず最初は間違います。全部ブラジルはここからここまででとわかるわけじゃない。だからと言ってブラジルを発見した人がポルトガル人だったので、ブラジルはポルトガル領になりました。その時の発見の記録を詳細に精査したら、あそこは島ではなかったら、あいつはインチキなんていう人はいません。

それをやったのはSTAPでした。特に毎日新聞とNHKが形の全体を見ないでブラジルを発見したということを見ないで、彼は島だと言ったという間違ったほうだけを強調するということをやったわけです。このことをやると発言も発見もなくなります。最初にブラジルを見た人は全体像が見えるわけでなく、たぶんここにでかい島があるなと思ったわけでそれでブラジルという名前を付けた。それがのちに大陸だったということもわかると。どこの領土にするかで言えば間違いですが、そこは発見者の名誉を守る。

STAPはSTAP細胞の論文を読んだときに、間違っているところとあっているところがありました。間違っているほうは素晴らしい論文でした。英語もいいし、図の説明もいい。これが30歳の人が書いたの?いろいろな論文の査読をやっていましたが、世界中から来る論文のから見てもここまでのものはなかったという立派な論文でした。ところがそれは笹井さんが手を入れているからでした。笹井さんクラスが書いている論文の質です。後からこれは小保方さんじゃなく笹井さんだったんだと思いました。

もう一つは、そういうものを読んだ時僕らはどう思うかというと、書いてあることが全部ホントだと思っていません。嘘をつくと思っていません。つまりブラジルと一緒で間違いはあります。わかっている範囲で間違いは半分くらいはあります。

事実ネイチャーなんかに出るような新しい論文の約半分は再現実験できません。それでいいのです。全部再現できなければ論文出せませんなんてことになったら新しい分野は切り開いていけません。

科学者というのは嘘でも嘘でなくても人間社会で見ているわけじゃないから科学の世界として見ればそういう現象が10億回に1回でもそういうことが起きたのかなとなるのです。

と、武田先生はおっしゃられていましたが、小保方さんは別に変な事してませんでしたね。でもたしか自殺者も出てましたよね?メディアはなぜ修正しないのでしょうか。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

ブロトピ:最近のニュース

ブロトピ:時事問題

Pocket

地震に対する間違った考え 虎ノ門ニュース18日武田さん

日本の歴史自体、天孫降臨からはじまり、卑弥呼、神武天皇、などの古くから火山、地殻変動、火山帯と共にありました。地震とは切っても切れない関係にあります。もともと地表に断層が出ていて古代人は見てわかっていたのでしょう。地震が来るとわかっていながら、朝廷は断層の上を通って生活をしていました。古い歴史を見てみると、水銀の権利を持っているものが権力が強かった。それが天皇でした。九州から四国を渡り、大和の国、伊勢神宮、諏訪大社、鹿島神宮があります。当時の人だったら神様を鎮める神社は造っても原発は造らなかったでしょう。それらはすべて中央構造線上(活断層)です。それらは昔から火山そして地殻変動が多かったのです。日本は元々古くからの断層帯と支配の構想、生活の様式がともにあり、九州、四国、紀伊半島の水銀鉱脈は深さは50mくらいの浅いもので中央構造線の上にあります。なぜそこに水銀があるかと言うと、火山帯のマグマが噴出して、マグマが横にずれ、それが金や水銀を作ります。金、水銀、銅(すべて同じ属)がマグマで上がってきて岩石の間を通って鉱脈を作る。それが浅いところでできます。日本は古くから金、水銀、銅、鉛が豊富でした。水銀はのちに体に悪いことに気づきますが当時は貴重な金属でした。

日本人はいつ地震が来るのかと不安に思っています。防災というのは災害を減らすためのものですが、地震の予知、予報をすることは災害を減らすことに役に立ったのでしょうか。日本人政府は1969年に地震予知連絡会を発足させました。1978年には東海地震予知体制が開始されました。それまで30年間以上、10人以上死者が出た地震が今までに何回も記録されていますが、しかし地震予想はあくまで東海地方、南海東南海で立てられていました。東大の教授のような専門家が言うと、それを信じたほうがいいとなるのです。科学というのは自分の頭で考えて行くものです。その上で自然が答えてきたものが実験なのです。予想と全く違うところで地震が起こっています。科学の世界では考えられません。結論として言った答えが間違った時点で訂正しなくてはいけません。間違った予想を30年間やり続ける。それは正常な精神状態ではありません。若い東大の教授の言ったことに対してマスコミが飛びつき、政治が絡んで、東海地方に金が支払われました。それに協力をしたのが東大の教授です。こういった利権構造です。利権構造が社会の在り方なのですが、しかし地震学、防災学に学者はいなかったのかと言うことです。地震予知の間違った結果が出ているのならそこで間違いを認め訂正していれば被害は少なく済んだはずです。自分の学問の未熟さを一番知っているのが専門家です。東日本大震災が起こり、熊本地震が起きているのに政府は東海地方しか警戒していませんでした。30年間予想と違う事が起きているのにそれを信じ続けるのは科学ではありません。心理学の世界です。地震は予知できません。熊本の政府の出した大地震が起きる確率は0~6%と発表していました。それに対して東海地方は60~87%です。茨城沖は90%です。熊本の住民の皆さんの警戒心が薄れるのは明らかです。なぜこんな間違った発表をするのかと言うと国民を守るためではなく、予算を配るための指標だと学者が言い、それが論拠となるのです。結果として熊本の住居の補強などをせず、東海地方などにどんどん予算を振り込む形になっています。人災であり、社会的犯罪に近いところにあります。科学がこんなことに使われたら話になりません。1年前東海地方に地震が来るというのは間違いである(全世界に可能性がある)と言ったのはゲラー先生だけです。しかしマスコミは取り上げません。マスコミは間違ったことを取り上げます。正しいものを取り上げると自分達が間違ったことを報道していたことがバレるからです。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

武田さんとケントさん 虎ノ門ニュース8時入り!4月4日

こんばんは。ちょっと一週間ばかり東京に行くことになってしまったので、なかなか更新が難しくなってしまいました。ここ一週間は虎8ニュースはスペシャルウイークです。気になったところだけまとめて行こうかと思います。月曜のケントさんと武田さんです。

日本とアメリカの文化の違い。日本語と英語では、日本語の方があいまいです。なぜかというと日本の場合は98.5%が同一民族なため、国民性も同じ、通じ合うものがお互い備えているので、詳しい説明がいりません。対してアメリカは移民の国です。文化も宗教も違う民族同士が一緒に暮らしていくためには、はっきりさせなければ、誤解を生んでしまうので、特に数などははっきりさせておくわけです。家の立地条件も日本とアメリカでは違います。日本では隣を気にして庭でカラオケパーティーなどできません。アメリカでは隣の家を気にすることはありません。一軒一軒それぞれ離れているし、騒いで問題になることなど考えもしません。警察官もパーティーに参加するといいます。

日本人は外国のことをよくおかしいと言いますが、行動や発言に対してそう思ってのことです、その背景、国民性をよく考え、それが根底になっての発言なので、同一民族の日本人は外国のことをよく考えることが必要になっているのです。また海外からの見られ方も知ることが大事です。島国の日本は外国の情報を身をもって知る機会に恵まれていないため不利ですね。

今年のスタンフォード大学は一人も学生を取りませんでした。エリートしかとりません。という頑固な私立の考えです。それが逆にいい宣伝にもなったのか寄付金の集まりがよくなっています。

といったところでしょうかね。妹が手を怪我したため、妹夫婦の家でごはん作って6か月の姪っ子と遊んでミルク飲ませて寝かしつけてと忙しいため東京で遊んでこようかなと期待は崩れ去りました。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

ベルギーとシリアと教育についてそれぞれ 3月28日の虎ノ門ニュース8時入り!武田邦彦さん

なぜベルギーでテロが起こるのか。ベルギーはドイツ、オランダ、フランスに囲まれており、以前はスペイン領でした。イギリスやフランスから何度も攻め込まれてきています。オランダ180年前にオランダ連合としていったん独立をしました。しかし国内で言葉が違うのと仲が悪いということで結局別れたという国です。ベルギーの人はとても頭がよく、活動的でそういう歴史を踏まえているので外交がうまく、国を強くするためにEUの本部を全部持ってきました。またベルギーは永世中立国です。しかし周りが他国と隣接しているため、ドイツにも何度も攻め込まれています。その後1度永世中立を放棄しましたが、また永世中立国に戻りました。永世中立国といえども軍隊はあります。それが国際批判を受けるきっかけになったりもします。ベルギーの人口は1100万人でブリュッセルの人口は110万人です。そしてその中の80万人が外国人なのです。外国人に対してあまり違和感を持ってないのです。

シリアの将来をアメリカでロシアで決めようとしています。他人の国の将来を勝手に大国が話すのは覇権です。日本は大東亜会議で覇権は主張しないと言いましたが、アメリカ、ロシア、中国はいまだに覇権を主張しているわけです。日本の立場からするとシリアの運命をアメリカとロシアで決めるのはやめてくれと言うべきでしょう。ロシアがシリアを攻撃したのはウクライナの制裁を解くためです。難民問題やトルコの関係などでウクライナ制裁を続けていくことができなくなりました。そのへんを考えていくとプーチン大統領の思いのままになりました。しかしそこには人の命が犠牲になっています。また日本ではシリア政府が善でISが悪だということになっています。しかし元々シリア政府軍がアラブの春と言われた反政府軍をアメリカがテコ入れにより長期独裁政権の政府の転覆を図りました。その転覆を図った政府軍がISに勝つことをいいことだと表現されています。政府軍がアラブの土地を奪還するということはまた昔の独裁政権に行くわけです。

話は変わりますが、武田邦彦さんの子供に教える道徳の順序というのがあります。1、生きること、命を大切にすること。2、子供を産み、育てること、家庭を大切にすること。3、国土と国民を守ること、平和を守ること。4、法律を守ること、約束を守ること。5、教育を受けること、勤労をすること、納税を守ること。6、他人を尊重すること、愛想を良くすること。 今の社会を前提にすると改善はされません。悪いことを前提にすると悪いことを認めるということになります。まず正しいことを決めてそこに進むように努力することです。あえて例は挙げませんが武田さんと半井さんはいいコンビだと思いました。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket