「青山繁晴さん」カテゴリーアーカイブ

国際連合なんてありません。     青山さんJ-NSC

国際連合なんてありません。存在しません。

学校であると教わってきたが、国連本部に行くとすぐわかる。

あるのはUnited Nations。 日本は国際連合と誤訳をしているが、これは連合国。

戦争に勝った連合国の本部が続いていて、敗戦国の日本やドイツは黙っていろと。

それどころか例えば、敵国条項というものがあって、日本は敵国だから日本がごちゃごちゃ言った時に、勝った側の連合国は、国連決議なしに日本に攻め込めるという条項が国連憲章にあります。

清く正しく美しい国連憲章と教わりました。

そうではなく、その中に、日本もドイツも敗戦国の側はやられても文句は言えないと書いてあります。

だから中国は尖閣諸島に出てこようとしていて、中華人民共和国は国連安保理にいます。

国連安保理の改革というのは、きれいごとではなく、連合国United Nationというのを終わらせるということ。そこに日本が気が付けば全く不可能ではないと思う。

今の仕組みは、五大国が永久に世界を支配するという意味になっています。

国連安保理の常任理事国のアメリカ、イギリス、フランス、ロシアそして中国。

一か国が反対すれば拒否権と言って何も決められない。

本当に変えるのであれば、敗戦国の日本とドイツを安保理の中に入れて拒否権を持たせればよいが、今の中国は賛成しない。

今のままの秩序を守り、何があってもアジア代表は中国だと言い、その既得権益を手放すことはありえない。

やるのであれば、国連の全部をひっくり返さなければいけない。

本当は戦争は終わっていない。日本は敗戦国として貶められたまま、ずっとそれが続いていた。連合国の支配が続いている。

日本の教育も間違っていて、新しく、清く正しい国際連合が生まれたのでなく、アメリカ人もイギリス人もフランス人もロシア人も中国人もたくさん死んだので、

その既得権益を守るために連合国が支配する仕組みがUnited Nationsであって、

国際連合というものはごまかしだったということを日本で認めなければならない。

その制度は全く役に立っていない。シリアで何もできていない。

潘基文さんという国連事務総長の無能もあるが、戦後の枠組みが役には立っていない。

シリアだろうがどこだろうが何もできない。

日本のできることは「ほら、できてないだろ」という態度で、具体的には拠出金に引き上げなど。

役割を果たせていない国連だったら国民の税金を使うことはできない。

 

第二次世界大戦は終わりで勝ち負けはなし。そこで逆手にとって国際連合という新しいものを作りましょうと。今までの拒否権もなし。

それをやるしかない。

本当の国際連合を作れば、シリアの犠牲になる子供も画期的に減る。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

坂本龍馬の資質    青山さんJ-NSC

大日本帝国憲法よりも坂本竜馬の船中八策であったり、五箇条の御誓文の方が政策として意味がある。

明治憲法は本当は混乱したままの憲法。

伊藤博文は天才だが、わずかな期間にドイツやイギリスで学んだことを憲法の形に一旦してみただけ。

帝国気概はあるけど、議院内閣制でなかったり、天皇陛下に主権がある書いてあるが、陸海軍については統帥すると書いてあるだけで指揮権ではない。

戦争を始める時に誰が権限を持っているかもはっきりしない。

戦争を始めたら必ず講和しなければならないが、講和の権限を誰が持つのかも書いていない。

明らかに欠陥憲法なのだが、それですら一字一句改正できていない。

だから負ける戦争に突入してしまった。

坂本竜馬の船中八策や、大雑把な国家の基本と、国家の理念と、それから竜馬らしく一種の通商政策とか、あるいは万機公論に決すべしのような本来の議会の在り方を彼は見抜いていた。

おおつかみに物事をつかむ人であった。物事の本質をつかむ能力はあった。

時代の変革期にはそれが必要。ディテール(細かいところ)も必要だが、政治家で一番必要な資質は国家の理念や哲学に触れる事ができる人。

ということは本人に生きる哲学がなければいけない。

それと自由自在であること。精神が自由自在でないと本当の政策は作れない。

それをすべて兼ね揃えていたのが坂本龍馬。

今の自民党に必要なのも日本という国の、国民の本質をつかんでまず、大きな政策を作り、そこから優秀な官僚機構も使い、そこから具体化するという作業をやらなければならない。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

「アレッポは地獄と同じ」潘基文国連事務総長   虎ノ門ニュース青山さん

今月末で退任する潘基文総長が最後の記者会見でアレッポの現状について地獄と同じだと述べた。

韓国はおそらく来年大統領選挙が行われる。

出てきそうな人は、日本は敵性国家だと言って反日を売り物にしている人。今までも大統領のやることは似たようなものだったが、今回はそれを最初から言っている人。

その人の対抗馬が潘基文現国連事務総長。

潘基文総長の「我々はシリアの人々を見捨ててしまった。胸が裂ける思いだ」という言葉。

あなたは仕事は何ですか?現役の国連事務総長で任期がまだ10日以上もある。

シリアの人々は今、殺されている中、(アサド政権軍はロシア軍が支えている)殺しているのがテロリストなら話はマシだが、子供が殺されている。女性も徹底的に殺されている。

どうしてかというとこれはアサド政権が人権を含めひどすぎるので、立ち上がった、まともな反体制派の人も含まれている。

女性や子供も含め独裁者に逆らうものは根絶やしにしてやるという、根絶やしの虐殺という人類史上最悪のケース。

国連の事務総長は10日以上任期がある中で、話が終わったことにしていて、自分がここにいないかのような話をしていて、「我々は見捨ててしまった」と言っている。

我々とは誰ですか。おまえだろう。

そしてこれは潘基文さんは正直なことを言わない人だが、ある意味見捨ててしまったという部分は正直に言っているところもある。

なぜかというとかっこいいところを見せようとしている。大統領選挙のために。

大統領選挙のために目立とうとしている。

国連にいながら任期中に韓国訪問して自分を売り込んだり、信じられない行動がたくさんあったが、これもその一つ。

任期のあるうちに、ふつう任期が1日でもあったら国連が虐殺を食い止めるところを事務総長がなぜシリアに行かないのか。

日本はこんな人を国連事務総長になるときに支持した。韓国に対して戦争責任があるということをバックグラウンドにして。

歴史認識が間違っているとこういう実害を生む。

イデオロギーの対決ではない。

こんな人を送り込んだ責任が日本にはある。

10日もあったらシリアに行ける。アレッポに行ける。

アレッポのど真ん中に国連が建ったら、いかにロシア軍に支えられた政権軍と言えど、そこに空爆はできない。

そこで子供は救われる。そんなことがわからないのか。

じつは国連の中でそれをやろうとしている事務職員がたくさんいた。

しかしたくさん追放された。代わりに韓国の職員を入れるために。

 

こんなひどいニュースはない。

記者会見であーそうですかと聞いているとはどういうことですか。そんなことも指摘できない日本の報道機関、共同通信はどうなっているのか。

立ち上がって「お前行け。お前すぐアレッポに行けよ」と言うのが当たり前ではないですか。

 

次の大統領は反日か潘基文。

韓国はそういう国になっていることを冷静に見つめなければいけない。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

ショック。青山繫晴さんTPP反対だった。

青山さんは11月7日の虎ノ門ニュースで「TPPには反対だが、自由貿易には賛成」と言っていました。

まあ、TPP自体アメリカが批准しないようなので、このまま頓挫しそうですが。

参院選の演説で、「日本の農業は素晴らしい。世界に向けて発信するべきだ」と熱く語っていたので、てっきりTPPのことかと思っていたのですが、違いました。

海外の大規模農業に対抗するのではなく、品質で勝負すれば、日本の農業、農作物は絶対に負けない。と自民党と、青山さんは同じことを言っていたので、

自民党と同じくTPP賛成なのかなと思っていたら、違ったようです。

青山さんは、ヨーロッパの一流ホテルに野菜を売ることに成功した農家の例を演説で紹介していましたが、

個人的にってことですか?

農家のほとんどが農協を通しているのに?

農協自体がダメなのは置いておいて、農協を中心に農家は協力してやってきたのに、個人的にやれって??

「アジア、太平洋のことは日本が主導すべきだ」ということですが、

ゼロからスタートして、そんなシステムできるまで何年かかるのでしょうか。

 

TPPは農家にとってチャンスだったはず。海外に向けて売ることができるのだから。

農家は作物を作るプロ。それしかしないとは言わないが、足りない分は農協が補ってくれる。

それは農家同士の協力ということにもなる。

農協だけが暴利をむさぼる様であるなら、そこを正すのが政治の役割です。

海外への販売経路の拡大で農家にチャンスを与えるのが政治家の仕事でしょう。

 

農協を通さないで自分で売れば、そりゃ儲かるでしょう。

でもね、できる人とできない人がいるんですよ。

多くの人が活躍できる枠組みを作り、努力が報われる世の中を作るのが政治の役割のはず。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

竹島を取り返す方法   虎ノ門ニュース青山さん

韓国は竹島をすでに実質軍隊を出して侵略している。

では自衛隊が戦う事ができるのか。できない。ではどうやって交渉するか。

これは竹島の問題と東シナ海の問題も合わせて考えることができる。

中国は1970年代から東シナ海の尖閣諸島周辺の在来型の海底油田、海底ガス田などの資源を自分のものにしようとしている。

その後、日本では親中派の福田康夫総理が2008年に日中合意で結んだ。

共同開発しますと。

しかし、日本は一切開発していません。日本は船一隻出していないのに、中国では17個の矢倉が完成しています。

 

 

その答えは常設仲裁裁判所にある。

日本ではこれを国際仲裁裁判所と言っているが間違い。

ドゥテルテさんの前のフィリピンの大統領が常設仲裁裁判所に南シナ海の問題を提訴した。

仲裁裁判所だけは当事国が同意しなくても裁判が開ける。

国際司法裁判所と国連海洋法条約に基づく裁判所は当事国が同意しないと裁判が開けない。

中国や韓国が嫌だと言えば裁判は開けない。

しかし、仲裁裁判所だけは当事国が同意しなくても裁判が開ける。

さらに欠席裁判の制度がある。(出てこなくても裁判が進む)

しかし、仲裁裁判所は弱点がある。領土とか境界線のことは触らない。

つまり管轄権がないという話になり、できないだろうと日本の外務省はずっと言ってきた。

ところがフィリピンは国境がどこだとか話をせず、中国が造っている人口島、あれは島なのかと島じゃないのでないかという事だけを訴えていたら、

仲裁裁判所がそれをやることができるということになった。

中国はその後、慌てて賄賂を使った。

しかし逆に仲裁人の正義感に触れた。

中国、韓国の賄賂はどこでもやっていて、例えばワールドカップの共同開催の時も賄賂が動いたという説は国際社会の常識になっている。

日本のメディアは言わないが。

中国のわいろ攻勢があまりにもひどいので逆に怒った。

領土問題に踏み込まないはずが、南シナ海での中国の言っていることは全部ウソだと。

仲裁書には中国のものじゃないのに、中国のものだと言っていると書いてある。

だから中国は大慌てになっている。

 

これは竹島に応用できる。

我々が食べる魚は誰が獲った魚か。竹島周辺は素晴らしい漁場だった。

それを韓国が自分のものだと言い、日本の漁家を殺害して、その後、時間が流れ、ようやく漁業協定が結ばれた。

結ばれたが、韓国はそれを守らないだけでなく、漁家の方が魚の保護のためにずっと努力してやってきたことを、韓国は漁場の網の放置などにより、生態系をめちゃくちゃにして、海洋資源が減っていることが、今、竹島の周りでずっと起きている。

日本はたまに文句を言うだけ。

これを逆手にとって、常設仲裁裁判所に、これは国際法に違反している。日韓漁業協定も守られていないと訴えればいい。

 

これをきっかけにしてやっていけば、これが根っこになって法案が作られていく。

もしも日本が常設仲裁裁判所をもっと利用するのであれば、法律で担保してやるのがよい。

ちゃんと立法して、根っこを作ってほしい。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

自民党の部会での青山さんの発言  虎の門ニュース青山さん

9月16日に自由民主党の北朝鮮による拉致問題などの合同会議がありました。

これは法案作りのもとになっていて、政調(政務調査会)に上がり、総務、それから国会に行くということなので大事な部会です。

 

日本は国民を守る体制になっていません。

北朝鮮のミサイルに対して抗議していますが、PAC3やスタンダードミサイルだけでは全部は撃ち落せません。

ミサイルが撃ち漏らしたものは必ず着弾します。その時の対応が全くなされていません。

北朝鮮のノドンという中距離弾道ミサイルだけでも地下と移動式トレーラーで200発を配備しています。

100発は同時に飛んでくると思わなければいけません。

しかも東京、大阪、名古屋などの人口密集地を狙ってきます。

その時、打ち漏らしが必ずあると考えなくてなくてはいけません。

 

シェルターを作らなければなりません。

 

平成16年に日本で初めて国民保護法が初めて施工されました。

国民を保護するという法律は平成16年まで存在しなかったのです。

健康保険や年金など国民を保護する社会保障はよくしてきました。世界の中でも水準が高いです。

ところが戦争や相手の国がとんでもないことをするということに対しては国民を保護してこなかったのです。

その結果、1945年、東京大空襲で一晩で10万人殺されることになったのです。

ナチスドイツでも、いざ爆撃になった時は避難誘導の訓練をやっていました。

日本では自治体で防空壕に逃げ込むというのがありましたが、国家として取り組んでいませんでした。

日本の家は紙と木できているからしょうがないと言って誤魔化してきました。

それをようやく見直すこと見なったのが平成16年の国民保護法の施工です。

施工した時はマニュアルや訓練プランを作りましたが、その時だけでした。

 

青山さん「日本の都市部は多くは地下商店街や地下鉄があります。

そこをわずかな工夫をするだけでシェルターとして使えるようになります。

使えるようになったら、誰がどうやって非難させるかを決めておかないと、混乱が起きます。

そこを進めていかなければならず、そういう地道な努力が抑止力になります。」

これに対して防衛省の人の答えがありませんでした。

その場でそこにいた自民党の議員達に対して

青山さん「見ましたか。これが実態です。なんとシェルターをどこの役所がやるかもわからない。

防衛省だけでできるわけがない。例えば自治体と連携しなければいけないし、例えば総務省であったり、シェルターの中の空気や医薬品、食糧の整備を考えたら例えば厚生労働省だったりが関係があるのに、

資料にはこれだけ役所名が書いてあって出席しているのにどこもうちではないと。

これで防衛と言えるのか。だから拉致被害者も取り返せない。この事と拉致被害は関係ないのではなく、

ずっと日本はそこを克服できていなくて、その責任は自由民主党にある。一番、自民党ができていないでしょう。」

白けた空気が流れましたが、

山谷えり子さんが今の話は政調(実際の具体的な政策づくり)に上げますと言われました。

荒木和博さんのような民間で、人に誹りも受けながら、権力とケンカもしながら、何も儲からずにやってきた人が、救う会の西岡さんも含めて本当によくやっていらっしゃる。

それをなんで自民党の議員は歳費もいただき、その他の費用もいただいているのに、何をサボってんだという話です。

 

(ここまで引用)

 

はたして今回の青山さんの声は政調を通して国会まで届くのでしょうか。

今までは外で叫んできましたが、これからは自民党の内部から声をあげています。

今までよりははるかに効果的だと思います。

早く部会を主宰する側になってください。

青山さんの志に共感する者が増えて、うねりとなることを期待します。

 

部会について

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

リオからの安倍外交のねらい  虎ノ門ニュース9/1日青山繁晴さん

リオオリンピックからのケニア、日本、ロシア、中国、ラオスなど、飛び回っている安倍外交は全部、中国に一点を絞っています。

中国が最大の脅威であるとして、その一点に絞り、そのために韓国も取り込もうとするし、

またアメリカの本音は中国に物を売りたい。日本やドイツじゃ買ってくれない製品でも中国は買ってくれるから。

アメリカが心配する日韓関係はアメリカに納得してもらうためにも、反対があろうが日韓合意をやる。

とにかくチャイナという脅威、無法も承知で南シナ海だけじゃなく東シナ海にもやってくる。それを封じ込めるにはどうしたらいいかというと、ロシアと手を組み韓国も中国から切り離し、アメリカもきっちり味方につけておくと。

アメリカは実際物を買ってくれるのであれば何をするかわからないから、アメリカ経済も今はよくても将来の見通しは消して明るくないから

アフリカも中国が先行的にやってきたとことですが、とても嫌われています。

アフリカでチャイナほど嫌われている国はありません。

全部自分たちのためだとアフリカのためにはちっともなっていない。

黒人に対する目も冷たい。

日本人は本当にそういうことないよねと。

安倍さんはそれを形にするために親中派の首脳ともたくさん会って、全部中国に対しての外交なのです。

その評価は割れます。

自民党の中では野中広務さんとか古賀誠さんなど親中派の方がはるかに勢力が強くて、本当は幹事長をやっていた谷垣さんもそうです。

今の幹事長の二階さんもそうです。

それに対抗するためには例えば二階さんは幹事長にして取り込む。谷垣さんもその前に取り込む。岸田さんも外務大臣にして取り込む。

敵を取り込んで、外では中国を言わば周りから取り囲むという政策をやっています。

安倍外交はそういう意味では基本路線は間違っていません。

ただし、国民が政治を信用できなくなるような日韓合意などはやってはいけません。

 

ちなみにアフリカ支援のODA(政府開発援助)3兆円の闇

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

地政学という学問  虎ノ門ニュース日9/8青山繁晴さん

安倍政権の外交は中国にいかに向き合うかが中心になっています。したがってロシアと接近を図っているが安倍外交の根幹になっています。

地政学というものがあります。

地理は例えば世界一高い山はなどクイズとしては面白いけど、毎回暗記させられると面白くなくなります。

例えば日本は本当は国土はかなり広い。しかし我々は日本は狭いと思い込まされています。

ヨーロッパを歩いてみれば一発でわかります。日本より広い国なんてあまりないのです。

イギリスなどは日本より全然国土が狭いのです。

日本の国土は実は広いが、隣の中国と比べれば狭く見える。という思い込みを直すのと同時に国土は広いが山が多く使える平地が非常に少ない。

そういうことが僕らの心と体、生き方、ものの考え方、人との付き合い方、全部に影響してきます。

地政学の「政」という文字は政治の意味だけではなく、人間の生き方という意味で使っていて、地政学は人間の生き方に関係してきます。

地政学というのは、地理は人間の生き方に影響してくるという学問です。

どうして朝鮮半島の国の人達はこういう考えなのか。

あるいはどうして中国は独裁なのかと。

他人のことも理解できるし、私たちの生き方も日本の地理をよく理解したらわかるということです。

 

学問というのは本質的には1個で、例えば数学というのは「こうあってほしい」というものです。

数学というのは、人間の整然と物事が進んでほしいという願いを表しているもので、実際のものではありません。

平行線は宇宙では交わります。数学上では交わりません。

数学は「こうあってほしいと」いう世界であるということを理解すると、数学嫌いな人も方程式が苦手でも例えば三角関数が何のためにあるかがわかってくると、上からではなく、下から上がっていくようになるから面白くなるのです。

地政学も本当は一言で説明すべきです。それは挟み撃ちです。

挟み撃ちとは例えばユーラシア大陸はロシアと中国、そしてヨーロッパがあります。

ヨーロッパのトルコはエルトゥールル号遭難事件のこともあり、日本が好きです。

もう一つ日本が好きな理由は基本的には日露戦争でロシアを打ち負かしたからです。

日露戦争に勝っただけではなく、日本がロシアと戦ってくれるとトルコはロシアを挟み撃ちにできるのです。

挟み撃ちというのは、攻撃して殺してしまうというのではなくて、むやみに暴れるのを良い意味で封じ込めができるのです。

要するに地政学というのは挟み撃ちなのです。

そうやって見ると根本がわかり、そこから上に上がると、つまらなく見えた勉強というものがすごく面白く見えてくるのです。

安倍外交はロシアと日本が仲良くすると中国に対して地政学が発揮できる。つまり挟み撃ちができるのです。

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

シベリア・モンゴル抑留犠牲者追悼の集い 虎ノ門ニュース25日青山さん

シベリア・モンゴル抑留犠牲者追悼の集い

●8月23日「シベリア・モンゴル抑留犠牲者追悼の集い」。
1945年8月23日、ソ連のスターリンが満州や朝鮮半島にいた日本人50万人を連行して奴隷として使えと命令を下した日。
歴史的事実としてロシアも認めている。
ポツダム宣言に違反して、武装解除した日本人(もはや日本兵ではない)を連行した。

●主催は政府ではなく民間団体。
今年で14回目。ということは全く無視していた時代が長かった。
去年の敗戦後70年に、民間の努力もあり、ロシア大使館から初めて参加者が。今年も女性が来た。
政府主催に高めていくためには与党議員の働きが大切だが、自民党議員は僕を含め3人しかいなかった。
1人は途中で帰った。1人は幹事長の挨拶代読もあって来たから、自由意思で最後までいたのは僕だけ。
政府・自民党は何をしてるのか。民進党議員の方がはるかに多く来ていた。
挨拶された抑留者の方が、「私たちは戦場で倒れたんじゃなく、捕虜になったのではなく、戦争終わってました。だから私たちは拉致被害者です」と。

(引用ぼやきくっくりさん)

 

初めて民進党に感心してしまった。自民党はこういう場にも、というかすべての場に出席するべき。

話題になりそうなもの、支持率のことだけしか考えてないのかと疑ってしまう。

エリツィンがシベリア抑留を拉致と認めて謝罪していたことなど、初めて知りました。

安倍政権が昨年の日韓合意で日本の英霊の名誉を売ったことは事実です。

笑顔で10億円拠出の岸田さんも憎たらしい限りですが、残念ながら安倍さんの意思です。

国民の税金を使うということの意味をずいぶんと軽く考えているのではないでしょうか。財政的に金が余ってしょうがないということなのでしょうか?

NHKをはじめとするメディアが国の借金が1000兆円というデマを流してまで国民に財政状況を悟られないようにすることにどんな意味があるのでしょうか。

ロシアのシベリア抑留という拉致事件を見ないフリをして北朝鮮の拉致事件が解決できるのか。

ロシアに倣って北朝鮮にも拉致被害者を全員返還させるよう働きかけるのが普通ではないのか。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

「米が日本国憲法書いた」 バイデン副大統領の感想  虎ノ門ニュース18日青山さん

「米が日本国憲法書いた」 バイデン副大統領

 

青山さん曰く、

『アメリカがもともと書いた憲法に、日本がどれだけ苦しんできたか、拉致被害者を取り返せない原因にもなってることをほとんど分かってないことが、よく分かる。

そういうことに驚くべきであって、「え?日本国憲法ってアメリカが書いたの?」と驚くってことは、世界が関心持つ日本のことが日本では教育されないという、究極のパラドックスというか、逆さまの現象が起きてるというのが、むしろこのニュースの根幹。』

と言っています。

 

日本がどれだけ憲法について考えてこなかったかということです。

今でも大東亜戦争を日本による侵略戦争と信じている日本人がほとんどです。WGIPの威力を考えれば今も第二次世界大戦は終わっていません。

真実を広めていくためにはいくらネットで騒いでも限界があります。こないだの参院選がそうでした。

あれだけの悪事を働いた民進党が票を集めるほど、本当の事は隠蔽されています。

ネットを見ない人たちに伝える方法は、直接教えるしかないのですが、教育現場では日本は悪と教えているので下手すると変人扱いです。

右翼だ、危険な奴だと変な目で見られます。

今回のバイデンさんの件で日本国民が少しでも気づいて、考えてくれれば良いのですが。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket