「アメリカ」カテゴリーアーカイブ

オバマさんの広島訪問の2つのポイント 虎ノ門ニュース12日青山さん

オバマ大統領が広島を訪問されますが、2009年にチェコのプラハで言わば世慣れしてない東ヨーロッパの民衆の前で核なき世界というノーベル平和賞をとった演説をなさいましたが、その言葉の中に原爆を実際に落とした唯一の国として道義的責任があるとという趣旨の発言をしています。道義的責任があるからこれからの世界核がないように努力しなければならない。アメリカが率先してやらなければいけないと言いました。

プラハの民衆に対してはいいかっこしてるだけですが、道義的責任というのは広島に原爆を落としたことを悪かったと言っているのではなくて、これから先、核をなくしましょうということです。その辺がちょっとすり替わっていますが、世界の感じ、ノーベル平和賞委員会はこれから核があるべきかないべきかでノーベル平和賞を出しましたがその上で、カッコつけただけでなく、核なき世界というのは嘘です。核少なき世界であって、アメリカが過剰な核を抱えているとその維持費がかかってしょうがないのでその維持費を減らしたいというのが本音です。

これを広島に置き換えると話が変わります。つまり実際に原爆を頭の上に落されて、虐殺された広島市民の前で原爆を投下した道義的責任があるとプラハで言ったことと同じをことを言えば謝罪に近づきます。同じ言葉ないし同じ趣旨を言うのであれば謝罪に近づくので意義が何段階もアップします。

オバマさんが広島入りして資料を見て、献花を出し声明を出す。というところまで決まってますが、肝心な行事になるはずの被爆者とオバマさんがお会いになるかどうかは決まっていません。場所を変えてお会いになる必要はありませんが、献花をなさったら、現に被爆者はいらっしゃるのですから、近くに見に来ていることは考えられます。そこに歩み寄られて会話されるだけで大きな意味があります。何か言葉をかけるだけで謝罪しなくてもそれに近づけることになります。

日本国民には信じられないことですがアメリカの学校では正当化して教えています。原爆を投下しなかったら何百万人死んだという先生までいます。またそれとは逆に、原爆投下したために戦争は早く終わったので、救われた命はあるというのは仮に正しくてもそれは兵士の数千人。あるいは数百人。そのことによって何も関係がない高齢者や子供、女性や赤ちゃんを10万20万と殺害することと比べられるのかということを言っている大学の先生もいます。ものすごい嫌がらせにあっています。それをちゃんと言うこと。それから一部であってもメディアでそこを伝えるというのはそこはさすがアメリカなのですが、大多数の普通の優しいアメリカ国民であっても小さな頃から何百万人救ったというふうに教わっているので、そう思いこんでいるわけです。

特に神経質になっているのはベテランという言葉がありますが、英語では退役軍人という意味もあります。ベテランズという名の退役軍人達の政治的発言権はとても強い力を持っています。なぜならアメリカは戦争ばかりしてきた国だからです。数も多いし、日本と違って戦争に行った人たちを悪者にしないで、祖国のために命や人生をささげた人たちとして敬愛されているので、この人たちの首脳陣はひどいことをしたのですが、ワシントンの博物館に原爆を落としたエノラ・ゲイという飛行機が展示してあり、原爆を落としたらどうなったか展示するのが当たり前です。ところがその時にベテランズがものすごい抗議をやって、エノラ・ゲイの展示はしてもその後その下で何が起きたかは一切何もありません。しかも館長は事実上追われました。アメリカ人の本音は同じワシントンであっても例えば議会の人やホワイトハウスの人たちは他のことは展示してもそのことだけを展示しないのはそれはアメリカじゃないよねと言いつつも、ベテランズの怒りにはどうしても反抗できないということだったわけです。

広島にオバマさんが来るというだけのことでも、大統領選挙のさなかこのベテランズを怒らせるともともと弱いヒラリーさんがトランプさんに大負けすることにもなりかねないので、オバマ大統領とホワイトハウスは苦慮しています。

今までも水面下での日米交渉を見ていると謝罪と言っていないけど、謝罪だというのが一番の正しい落としどころです。それは日本の利益のためじゃなくて、あえて言えば人類のために。それがなくして核廃絶というのは誰が見ても偽善です。したがってぎりぎりのラインとして2つありますが、一つは同じ大統領、そして政権の始まりと政権の終わりですので、プラハと同じことを言ってくださいということ。アメリカは原爆を投下した道義的責任がありますと。したがって核をなくしていく努力をしなければならないと言ったら、例えば被爆者の方々にとってもあるいは広島市長であったり広島県知事にとってもいろいろな受け止め方があるでしょうが、一般的に言えば謝罪に近づきます。

もう一つは必ず被爆者と会っていただくこと。その時の一言一言や、あるいはオバマ大統領の立ち振る舞いです。オバマさんは温厚で優しい人で、人のことを愛している。というのは本当だと思うので、少なくとも人を愛する大統領だったというのを信じたいと思うのです。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

アメリカファースト 虎ノ門ニュース5日青山さん

トランプさんが大統領になると日本の自立のチャンスです。要は第二次世界大戦とそのあとの歴史がそれで完全に終わるからです。ある意味アメリカの終わりです。アメリカ合衆国は日本では州が合わさると略していますが本当はユナイテッドステイツ要は連邦制の国です。実際は大統領の権限は外交と安全保障に集中します。特に日本に対してですが世界に対して影響が強い。実はアメリカの歴史というのは今のようになったというのはこの70年間だけです。世界大戦は2回ありました。第一次世界大戦の時は初めて毒ガスとか戦車が出てきて大量殺戮の時代になりました。あまりにもむごいので第一次世界大戦が終わった後に国際連盟が出来ました。これはアメリカの大統領がリーダーシップを発揮して作ったのにアメリカは国民の反対が強かったため入れませんでした。要するにアメリカは自分のことをちゃんとやっていればよいので、自分のことだけ自国民のことだけ考えればよく、トランプさんの言っている通りなのです。アメリカファースト発言がありましたが、アメリカだけでよいという意味です。自分のことだけ考えていればよいというのが国民にすごくよく受けているわけですが実は第一次世界大戦が終わって世界大戦がないようにしようとしてアメリカの大統領がそれを導いたのに国民の反対によりそれには参加できませんでした。その後に第二次世界大戦になるのですがこれもアメリカは嫌だと言っていました。ヨーロッパでナチスドイツとイギリスやフランスは戦って当時イギリスの首相だったチャーチルさんというしたたかな人がいて、フランスが負けてこのままイギリスが戦っても後はスペイン、ポーランドであったりどこもドイツに勝てないので、イギリスだけでは勝てるわけがない。ドーバー海峡を挟んでいるからといってもいずれはやられます。そこでアメリカを巻き込まなければとしたわけです。逆に言うとそれまでアメリカは知らん顔してたわけです。まさしくアメリカファーストでヨーロッパは自分でやれと。そこでチャーチルさんが考えたのはアメリカを戦争に巻き込むためには日本を使うことです。それでこれは陰謀論でありますが日本を真珠湾攻撃に導いて行って、残念ながら山本五十六閣下というアメリカを一番知っていた人がそれに巻き込まれてしまい、1941年12月8日に日米戦争が始まりました。実は日本は中国には1945年になっても中国大陸では日本軍は一番優勢でした。我々が学校で教わってきたものと違って、アメリカ以外のどこの国にも負けたことがなくて、中国にはもちろんイギリスにもフランスにも勝ったままなのです。アメリカを戦わなければ日本はもともと敗戦国ではありません。でも真珠湾攻撃で当時のアメリカの大統領はその真相はおそらく推測でもないのですがアメリカの国務省の人と酒を飲むとこういうことを言う人はちゃんといて合衆国大統領は当然知っていたと。なぜならその後の議会演説を聞けばよくわかると。あの時に徹底的に日本を悪者にしてそしてアメリカ人の孤立主義、自分のことだけ考えていればいいという考えを一瞬で憎しみに変えて、憎悪というのは時には愛よりも強い時があります。愛情でみんなが連携するというのはとても困難なことですが、しかし憎悪ならだれかが悪者にすれば、この場合は一人だけ白人でない、白人ではないのに世界で大きな地位を占めていてあっという間に明治維新の後に1860年代から突然世界の一流国となった日本を悪者にするというのはものすごくやりやすいことでした。人種差別もあいまって。それでアメリカ国民が騙されて、言わば叩き込まれて、そして第二次世界大戦、一番原子爆弾も使って一番むごい戦争になった。そこでアメリカだけが勝っていたからそこでアメリカがそこでアメリカが世界の警察官に初めてなったのです。

我々はそのアメリカしか知らないためそれがアメリカだと思っていますが、本当のアメリカは1776年に独立宣言してアメリカになりました。だから240年の歴史で世界の警察官というのは我々が見てきた70年だけなのです。それまでは自分の国だけ考えてきた国なのです。どうしてかというとカウボーイの国なので日本のように二千数百年も時間がたつと気が付いたら天皇陛下がいらっしゃっていて気が付いたら税金を取られている気が付いたら自分の武器は全部取られている。でもアメリカは自分たちの意思でまずイギリスがおかしいと言い、メイフラワーという小さな船で今の北米大陸に入り、もともと住んでいた本当のアメリカ人、間違ってインド人、インディアンと言っていますが、インディアンにとっては迷惑な話ですが、そこで新しく国づくりをやってカウボーイが牧場を努力して作ってときそれを広げていきたいと思います。南部とか西部に行くと日本人を初めて見るという人がたくさんいます。特にテキサスなどはテキサスを出たことがないという人もいます。ビールを飲んでいると珍しがって近寄ってきて結構触られます。盛り上がったのちにニューヨークとかロサンゼルスやワシントンに行ったことがあると言うとそんなことろに行っているのかととてもびっくりします。いや、自分の国でしょうと。そういう国から見たら日本なんて国は空に浮かぶ月のほうが身近なわけです。月にアメリカ人が行ったことは知っているので。日本とはなんだろうと。あれだけ戦争やっておいて知らないわけです。それが本当のアメリカなのでトランプさんが言っているのは言わば戦争がえりであって、この70年が異常な時代であったのです。それがイラク戦争で、その前はベトナム戦争で負けて、イラク戦争でテロリストに勝てなくて本当に懲りてしまって、いよいよ元に戻りましょうという話であって、この70年間の世界を支配してきたアメリカはそういう意味で終わりなわけです。アメリカの世界支配が終わりなのです。

ということは勝ったふりをしていた中国とか、ましてや戦争もしてないのに日本に勝ったと言ってきた韓国とか、あるいはチャーチルを含めたイギリスとか本当は自分では解放できなかったフランス(本当はアメリカ軍に開放してもらい終わってからドフォール将軍が帰ってきました)もアメリカが失われるとなると要は戦争に勝った負けたの話はこれで霧散霧消していきます。ですので憲法を含め、敗戦によって日本にもたらされたものはみんな音を立てて終わっていくのです。

ピンチはチャンス、チャンスはピンチ、縄を編むように互い違いになります。アメリカ国民はこれで大変苦労なさるし、これまでアメリカに寄りかかっていた勝った勝ったと言ってきた国こそ困るのです。日本も寄りかかっていましたが実は抑えられていたものがはずれます。しばらくは外れたことに気づかず下を向いていますが、だんだん顔を上げていき、世界が広く見えてきます。そして日本を待っている国と人はいっぱいいます。ずっと日本は敗戦後農業はダメだダメだと言われてきましたが、日本の安全で必ずどんな環境が悪くても一定の以上の生産を確保できる日本の農業が世界の人がどれだけ待っているか日本の農産物を。日本を待っている国がどれだけ多いか。日本を出て世界から日本を見てみるとわかるはずです。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

中東におけるアメリカの残したものと北朝鮮 3月24日虎8ニュース青山繁晴さんのまとめ3

さて、最後の回です。アメリカが作り出した組織、自称イスラム国。アメリカが何とかしなければなりません。しかし、無人機ではテロリストは殺せません。そこでイランに頼みます。イランはイスラエルに負けたことがありません。イスラエルと戦争したことがない唯一の中東の主要国です。軍事力自信あるだけでなく、革命防衛隊という国軍とは別に宗教指導者が思うように動かせる軍があるのです。革命防衛隊には陸軍、海軍、空軍があります。宗教指導者のもと、どこへでも聖戦を行いに行くのです。

そこにオバマ大統領は目を付け、革命防衛隊を出してくれと頼んだ(ようなもの)イランは快く受けます。イランは大統領を選挙によって選ぶので法の支配はありますが、革命防衛隊は法の縛りは受けないので何でもできると考えるわけです。

人間は目に見たものから学びます。イランは目の前で核を見てきました。核合意でイランは核を持たないことになっているが、フセイン大統領は核兵器はイスラエルから原発を攻撃され破壊されたので持つのをあきらめました。やがてその後死刑になります。リビアのカアダフィ大佐も核開発をやめたのち暗殺されました。間接的にアメリカが殺したようなものです。イランは北朝鮮とお付き合いしてる。北朝鮮はアメリカに実は大事にされている。ブッシュ政権からテロ国家の指定から外されました。核を持ってるからです。青山さん曰くイランは日本のことは好きです。よく研究してます。日本人の多くが理解していないことを理解してます。広島長崎は人体実験だった(戦争を終わらせるためではなく、戦争が終わりそうだったから原爆を落とした)データを持っているアメリカが一番核の威力の怖さを知っている。ここまでわかってます。人間をドロドロに溶かす原爆を実験に使うアメリカを見ているのです。それを見ているイランは核開発はやめません。アメリカはイランと手を組み、イランは北朝鮮から核兵器を買おうとしています。

北朝鮮はイランにイランからイスラエルまで届く長距離ミサイルを売り込むでしょう。ペルシャ湾はとてもきれいな海です。青山さんは泳いだそうです。そこを挟んでスンニ派のサウジアラビアとシーア派のイランが向かい合っています。どちらも異端同士です。サウジアラビアはアメリカを信用していて、アラビア半島に米軍基地を作りました。アメリカとイランが手を組めば、サウジアラビアは核を持とうとします。それは一から開発を進めるでしょうか?北朝鮮はサウジアラビアからイランまで届く短距離ミサイルをサウジアラビアに売り込むでしょう。北朝鮮の今頻繁にやっている長距離ミサイルや短距離ミサイルの実験はそのためのものなのです。

PAC3という迎撃ミサイルがあります。これを対北朝鮮用に配備しましたが、北朝鮮には最低100発同時に打てるミサイルがあり、それを撃ち込まれるとすべて撃ち落とす事は難しく、数本落ちてきます。落ちてくるものが必ずあるのに何も対策がありません。平成16年に初めて国民保護法ができましたが、中身は空っぽです。ミサイルは人の集まるところを狙います。地下商店街を地下シェルターにすればよいというのが青山さんの意見です。その法律の下、自治体と協力して作れば、北朝鮮に対する抑止力になります。中国は北朝鮮の闇の船を沖合に追い出したりと仲が悪いのですが、戦争に持ち込もうとするなら日本にミサイルを打ってきます。ロシアはあてにならず、中国と日米を敵に回すより、中国と共通の敵を攻撃したほうがよいからです。可能性があるのです。まとめますと、アメリカもただの一つの国ですから、日本は日本のやり方物事を考え、決断し、アメリカと対等に交渉する国にしましょう。それには地方の自治体からの働きかけも必要です。終盤は怒涛のたたみかけでした。自分の中でももう少し噛み砕こうと思います。稚拙な文章ですみませんでした。


保守 ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

Pocket

日本人の人権と核、イラク戦争におけるアメリカの世界に及ぼす影響 3月24日虎8ニュース後半のまとめ2

北朝鮮のミサイルの意味。メディアは、飛翔体から短距離弾道ミサイルと呼び方が変わり、アメリカと韓国の合同演習をにらみ北朝鮮が軍事的力を誇示したかったと言っているが、そんな大きな問題ではない。色んな距離飛ばしている。ビジネスとしている。北朝鮮はテロ国家であった。拉致もテロである。しかしブッシュ大統領のときにテロ国家の指定からはずしたのだ。これは日米同盟を破壊するものとして抗議するべきであった。オバマ大統領がよく人権を唱えていたが、人権というならば、拉致された人の人権はどうなるのか。アメリカでも有名になってしまった横田めぐみさんはどうなるのか。安倍政権は抗議するべきである。日本人拉致の他にも、大韓航空爆破など行ってきたが、お金にならないことに気づき、ミサイルと核開発に移行していった。核兵器を売るビジネスである。その売り手先の一つはイラン(公式では全面否定)である。

オバマ政権の残した最大の問題はイランと妥協したことである。イラン政府は全面否定しているが北朝鮮と協力して核開発をやってきました。しかし、北朝鮮が核実験をやる度に人工衛星でイランの軍の人間や、政府の人間が映っているのです。イランと北朝鮮の協力関係は世の常識なのです。オバマ大統領は黒人でなければできない約束をしました。それは「2度とアメリカの青年を戦地で殺さない」というものです。無人機で打ちまくるわけですが。イラクで吹き飛ばされた米兵の遺体を復元して国に返す際、その悲惨さによりネットよりも口コミで「戦争はもう嫌だ」という雰囲気が広まりました。アメリカは戦争で勝ったために戦争が正義となり、ドルの裏打ちにもなり、アメリカ経済が繁栄してきたため、それが抜けられません。勝ったために苦しんでいます。ベトナム戦争以上の厭戦気分の中、オバマ大統領は黒人という抑圧された側だから約束ができました。しかしそのために、自称イスラム国(イラク戦争を元にして現れてた)に対し、ブッシュ政権はフセイン大統領を処刑しました。「異端は異教より憎し」異教はキリスト教と仏教など、異端はスンニ派とシーア派などで、異教同士より異端同士の宗教戦争が凄惨です。フセイン大統領はクルド人の赤ちゃんまで毒ガスで殺すひどい人でしたが、同時に一番テロリストを防いでいました。戦前、世俗派であるフセイン大統領はバクダッドの大学病院で女性外科医が男性の腹を開き手術をしました。これはフセイン大統領からすると許せないことです。イスラム原理主義の過激派テロリストを徹底的に弾圧しました。

しかし、ブッシュ政権は油ほしさで、テロリストを打ちのめすということを掲げイラク戦争を始め、フセイン大統領を死刑にしました。(その戦争には小泉政権は全面協力し、手足を縛られた自衛隊を派遣しています。)つまり、テロリストを殺すのではなく、それを抑えていたフセイン大統領を死刑にしたのです。9,11のテロの犯人はフセイン大統領と敵対していたイスラム原理主義のテロリストです。自分たちを抑え込んでいたフセイン大統領がいなくなったため、テロリストの天下です。自称イスラム国を作りました。アメリカが作り出したと言ってもいいでしょう。

長くなってきたのでこの辺で。後半青山さんは熱くなって早口になり理解するのに苦労しました。戦争は負けた方はもちろんですが、勝った方も不幸にしかなりませんね。さらに過熱する青山さん。つづきは後半のまとめ3へ

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket