「未分類」カテゴリーアーカイブ

西村眞悟さんの回   虎ノ門ニュース百田さん

気が付けば虎ノ門ニュースの西村眞悟さんの回がもう消えそうなので、いいところをメモを取ります。

有料会員になれば全部見れるのかな?

 

マッカーサーは厚木に着いた時、恐怖のあまりおしっこ漏らしていた。

B-17に乗ってきたから。B-17はヨーロッパ戦線で撃墜されたことはない。

ドイツの戦闘機は墜とせなかった。

マッカーサーはフィリピンにはB-17が多いから大丈夫だと思っていた。

それをゼロ戦に1日で壊滅させられてしまった。

そのB-17に乗って厚木にやってきたが、公表したルートではなく迂回して来た。怖くて仕方なかった。

その程度奴ら。

 

アメリカ人作家がパリに住んでいた。小田実がアメリカ留学して『何でも見てやろう』という本を書いた。

その一説にアメリカに留学していてパリに行ったらここにアメリカ人作家がいると聞いたので、会いたいと言った。

朝に行ったのにぐでんぐでんに酔っぱらっている。

なぜかと聞いたら、硫黄島以来日本人に会うのは初めてだと言う。

機関銃で応戦していたら日本人将校が刀を抜いて機関銃の方に飛び込んできた。

殺されると思いフリーズした。

彼は俺に見向きもせず、機関銃を真っ二つに切った。

彼は満足そうに俺を見た。

その時に俺は恐怖に駆られてピストルを連射して彼を殺してしまった。

それ以来日本人に会うのは初めてだから飲まざるえなかった。

 

日本軍と戦ったあいつらはそういう敵と戦った。

だからションベンちびるほど怖かったはずだ。

 

だから日本の強さの中枢を破壊しようとした。

憲法9条も、東京裁判の起訴状も、WGIPもすべて一点。

日本軍の武力を剥奪する事。

この呪縛を恒久平和のためだと共同通信の論調のようなことを言っているという事はマッカーサーの罠にまんまとハマっている。

72年たった今も。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

ネトウヨが嫌い

ネトウヨが嫌いである。(自分もかもしれないが)

なぜかというと、私の中でだが、ネトウヨとは、ネットやSNSでわかりやすい正義に寄り添い、悪を非難するからだ。特に政治。

悪が悪いのは間違いないが。

自分に正義がない場合に特に陥りやすい。

自分に正義がない分、わかりやすい正義に寄り添い、加担し、悪を見ると攻撃的になったりする。

民進党を見ていると誰一人としてまともな人はいない。誰が見ても、いや、日本人から見ればどう見ても悪である。なくなった方がいい。

国会議員の高い給料は税金の無駄遣いそのものだ。

そうなってくるとやり玉にあげつるし上げ非難されるのも仕事の内だと思っているのかもしれないな。

悪に対し正義を振りかざし、非難することは正しいことかもしれないがモヤモヤしたものが残る。

「そういうお前は誰だよ」というものが。

昔、幼少期に「ヤッターマン」というアニメを見た時に同様の理不尽さを感じた。

ボヤッキー、ドロンジョなどの悪役が一生懸命何か努力しているところ(悪いことかもしれないが)、それを喫茶店で女連れで見ていた主人公が、邪魔しにかかるのである。

「オレは正義だぜー。お前ら悪だくみしてるんだろ?イジメてやるぜ。なんたってオレは正義の見方なんだからよ。設定上絶対に負けないことになってるんだよ。」と言わんばかりである。

正義の味方には見えなかった。挙句の果てにはわけの解らない巨大メカまで登場して追い打ちをかける。

負けないとわかっている戦い。それは戦いではない。リンチである。

トラウマになったのか今も見る気がしない。

「チャージマン研」は結構好きだが。

 

結論。政治やでかいことを語るなら身の回りから気を配れ。

迷惑な人がいたら勇気を出して注意する。

調子に乗らない。身の程をわきまえる。

ツイッターとかやってるとどうも上から目線になってしまう。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

お笑い向上委員会に出た久本雅美さん

劇団出身の久本さんはむしろあの場が実力を発揮できる場所である。

劇団メンバー一人一人のことを思い、常に笑いとは何かを大勢で考えている。

その中には柴田理恵やボカスカジャンなどの実力派もいる。

テレビではできないこと(下ネタも含まれる)をやり、動員を増やしているのがワハハ本舗である。

トークという戦場に一人現れたように見えた久本さんはじつは劇団を背負ってきている。

テレビの放送コードのリミッターのない中で戦ってきた久本さんと、お笑い向上委員会の出演者とではくぐって来た修羅場が違う。

尼神インター、阿佐ヶ谷姉妹は「よろチクビ」をやらないならくださいと言っていたが、テレビでは久本さんのギャグの代名詞となっているが、舞台の上ではもっとすごいことをやっていて、言わばテレビ用のネタである。

やりたければ勝手にやればいい。

対して、しずちゃんはワハハ本舗の舞台を見に行くそうで久本さんの凄みを理解しているようであった。

昔のK-1に例えるならミルコクロコップはクロアチアの警官であり、あまり治安が良くないため、死と隣り合わせである。

活動の場所をリングに移せば他の選手から見れば次元が違うのでないだろうか。

久本さんと状況が似ている。

番組の終わりに見せた「閉店ガラガラ」では抜群の安定性を見せたが、それは経験がものを言っており、別次元の強さを見た。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket