拉致問題「なぜ解決できないのか」横田さんの訴え   虎8武田さん、大高さん

大高さん 「(日本政府は)40年間何をしていたのか。

拉致はなかったという言説を許していたし、未だに究明されていない特定失踪者の解明、絶対に日本の国内に協力者がいたはずなのに表ざたになっていない。」

 

武田さん 「憲法を改正しなくても拉致被害者を奪還できる。憲法前文には『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。』とある。

条件が付いている。北朝鮮は守っていない。

憲法は条文だけではない。前文も憲法だ。力がある。

前文は相手が平和を好んでいれば、こっちも武力を使いませんよと書いてある。

平和を愛する国家に対しては我々は平和に対応すると書いてある。

どう考えても北朝鮮が平和を愛する国家とは思えない。

 

なぜ(拉致被害者の)両親の訴えが日本社会に届かない。」

 

~~~~ここまで引用~~~~~

 

先日ブログで青山さんが安倍総理の憲法改正に反対していたことを書きましたが、どうやら9条2項をそのまま残し、新たに自衛隊を明記するからだったようです。

武田さんの言う9条の前座になる前文、そこを重視すれば以下の条文もそれに従わなければならない。

前文を強化すれば9条2項を完全に無力化することもできるかもしれない。安倍総理は前文をいじらないとは言っていないわけなので。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

ブロトピ:最近のニュース

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA