9条に自衛隊を明記。なぜ反対?そんなに怒ること?   虎ノ門ニュース 青山さん

安倍首相「改憲20年施行」9条に自衛隊明記という記事。この記事に対して青山さんは反対。

なぜでしょうか??

青山さんは憲法改正の話をすると急に怒り出します。桜チャンネルでも大学生のメールでの質問に対して怒っていました。

しかし、自衛隊を明記するのであれば、9条2項を無くすのは普通ではないでしょうか。

 

  • 第九条    日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
  • 第二項   前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 

アメリカ作成の英語の原文の日本国憲法なので解釈でなんとかしようとしてきたが、もう限界です。

北朝鮮がミサイル実験で日本海に落ちたり、中国の軍艦などが尖閣諸島をうろうろしたり、南シナ海に軍事基地を作っているのに、こんな憲法があったら、チベットやウイグル、内モンゴルのように侵略されるのは目に見えます。

安倍総理は9条2項を無くして新たに自衛隊を憲法に明記する言っているのではないでしょうか。

もちろんそのままは無くせないと思いますが、今の時代これほど気持ちの悪い文章はなかなかありません。

今の憲法は確実に自衛隊の存在を否定しいます。憲法改正、自衛隊を明記に反対する青山さんには憲法9条の文章くらいの違和感を感じます。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA