アメリカの北朝鮮への攻撃の可能性   虎ノ門ニュース上念さん

アメリカの武力行使の確率はゼロではない。北朝鮮が何もしなくても攻撃しちゃうかもしれない。実は歴史上よくあること。ベトナム戦争の時のトンキン湾事件がそう。北ベトナム軍の砲撃からの反撃で戦争が始まった事になっていたが、何十年も経って、そんな砲撃はなかったとわかった。

アメリカはないのにやっちゃうという可能性が残っている。

仮に北朝鮮が核を放棄しますと言っても、アメリカは確証を得たいので査察を受け入れろと言います。アメリカの査察で何が起こったかと言えば、サダムフセインを査察した時、大量破壊兵器を持っていないのに持っていると言い、イラク戦争を起こした。

アメリカから行っている。北朝鮮が何もしなくてもアメリカがやるかもしれない。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA