トランプ大統領の日本の為替レートへの言及     虎8上念さん

プロレスが解っている人ならピンとくるが、エリートでプロレスなんて見ないという人はトランプの発言が理解できず、振り回されている。

今回の為替レートに対する言及もアメリカのFRBがやっていることと同じことを日本がやっているだけ。

物価目標を定めて達成するまでは金融緩和を続ける。

達成したら金融引き締めになる。

FRBがやっていることなので、それをやるなというならアメリカがまず模範を示せと。

そう返せばいい。

 

よくよく考えてみるとハルノートもプロレス。

そんなこと言うんなら、わかった。アメリカがハルノートを突きつけるくらい立派な事を言うのなら、

アメリカもインディアンに土地を土地を返して、ヨーロッパにお帰りいただこうか。話はそれからだ。

とプロレス風に、こう言われたので、こう返してみました。

とやればアメリカのハルノートが世界の笑いものになれば、開戦せずに済んだかもしれない。

 

プロレス風パフォーマンスで言っているのに真に受ける。これが一番危険。

今回の日銀政策決定会合もアメリカを注視すると真面目なことを返した。

しかし時間的には決定会合が先。アメリカのトランプ大統領の為替に対する牽制発言が後なので、

それに対する日本の返しは簡単。

アメリカだって金融調節している。同じことをやって金融調節した結果、マーケットで勝手に為替レートが決まっているのだから、

日本に言われても困る。変動相場制なんだからマーケットに言えと。

アメリカがやっていることを日本がやって何が問題なのかと。

そうやり返せばいい。

その後にシングルマッチ、またはタッグマッチが始まる。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA