大川小学校訴訟 本当の犯人は地震学者。 武田邦彦さんの見解

大川小学校の事件は石巻市の北上川の下流で起きた事件です。

学校人は70、80人くらいの児童がいて、70名が亡くなりました。

先生およびその関係の人は15人いて、およそ10人亡くなりした。

判断はどうだったかというと、地震が来た直後に校庭に集めて、校長先生はいませんでした。

逃げる場所が2つあり、高さが7mのところと、高さが70mの山とありました。

7mのところは平地で避難しやすかった。70mのところは山崩れがあると考えられた。

そこで、その時に津波が6mという予報が出た。

それが直前に15mに切り替わったが、それをわかっていなかった。

それで7mの方に児童を誘導しようとしていた時に津波が来た。

それでもう大慌てに山の方に逃げたが、間に合わなかった。

たしかにマニュアル不備。

しかし、マニュアルを作るのは父兄です。子供をあずける方です。

子供の安全を第一に守るのは保護者です。

子供のいじめも勉学も安全も。

父兄は地震の来る前に、なぜ学校に行って、地震のマニュアルが不備だと先生に文句を言わなかったか。

父兄が自分たちは知らなかった。自分たちは知らなかったのに先生が悪いと言っている。

それはない。先生も10人亡くなっている。

これは昔だったら「先生もよくやってくれた」です。

先生が15人の内10人が亡くなっているということは、先生も命を懸けていた。

自分たちの子供を助けようとしていた。

それを訴訟する。それはやってはいけない。

これが一つ。

そして、本当の犯人は地震学者。

石巻市の地震対策が遅れたのは、地震学者が4000億円のお金を取るために、東海地方に地震が来ないのを分かっていて、東海地方に地震が来ると言って

東大と名古屋大学で金を分け合った。

静岡大学にも金を渡さない。

つまり本当に止めようとしているのではない。わかろうとしているのではない。

東海地方に地震が来ると言い、それが東海地方だけカバーして、マニュアルも全部そろえて、頭巾から揃えて学校も全部やり直した。

東北に来るという史跡はあったのに、いいやと。やっていたわけです。

訴訟するなら地震学者です。

学校の方が弱いからやっているわけです。

だけど学校は先生が亡くなっている。

全然死んでない地震学者を訴訟するべき。

それが日本人だ。

裁判官はなぜ学校側の訴訟をあれしたかと言ったら、今の裁判官は出世のためです。

正義は考えていない。

この事実をじっくり見ると、学校側に非はありません。

それなのに無理やり学校側に非をかぶせて、そして、先生出てこいと言っている。

これは先生は出てこれません。

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

ブロトピ:最近のニュース

Pocket

「大川小学校訴訟 本当の犯人は地震学者。 武田邦彦さんの見解」への2件のフィードバック

  1. あのーう、そもそも、事実誤認の人の言葉を書き起こして誤解を広げようという意図でしょうか?

     そもそも学校関係者が15名中10名亡くなったのではなく、その場にいた11名中10名が亡くなっている。児童は70名ではなく74名。避難路は2つではなく、5つ以上。学校のマニュアル不備の前に、校長が児童の避難カードを、義務化されていながら守らなかったりという事情がいろいろあるのですが…。

    亡くなった児童数から教諭の数、逃げる場所の想定から、これだけ事実が間違ったものを堂々と放映するとは… ぽかん…。

    【武田邦彦のコメントの誤認】先生が15人の内10人が亡くなっているということは、先生も命を懸けていた。

     はいはい、まずは数字から違うし、命を懸けて避難を考えていたら助かっていただろう、ということも知らない。
     校舎を出る時に、こどもたちに「津波が来るから山へ逃げろ」と指示をした教諭1名のみが生存者。

     裁判では、「かかっても2分という裏山に登るのに障がいとなるものがなかった」、「松原を超えて津波が来たということを認知したのに、避難先の選定が間違っていた」という点で学校の過失を認めるという判決。

     「河川から離れてください、高台へ避難してください」という市の広報車や防災無線が聞こえていながら、校庭に長らく止まってしまったことが結果的には、こどもの命も自分たちの命も失う結果になってしまった。教頭先生でさえ、山に逃げられませんか?と何度も聞いていたことを踏まえると、命が懸かっているという認識で決断さえしていれば、結果は変わっただろうに…。

     ていうか、この件において地震学者が犯人とか頭が狂ってる?避難警報も大津波警報も出ていて、先生も知ってるんですけれど。
    事実も知らずにコメントして、メディアもそれを流してるなんて、ここまでくると笑えるな。

    1. コメントありがとうございます。
      数に関しましては、手直しの必要がありましたね。失礼いたしました。早急に直させていただきます。
      さて、「地震学者が犯人」という私の意見は変わりません。
      私は、今回の悲しい事件は先生の地震、津波に関する認識の甘さから来ているものと考えます。
      史跡の言い伝えにより、地元の生徒の方が先生よりも知識はありました。
      先生を間違った判断に導いたのは地震学者です。
      地震学者は南海トラフにばかり予算を使い、そこだけマニュアルを徹底させました。
      南海トラフだけ警戒しているうちに、大地震が他の地方で多く起こっています。
      予算を南海トラフでなく、史跡に基づき、特に、津波という恐ろしい災害が予想される場所はそれに備え、マニュアルを強化させ、地元の意識を高めておけば、たとえ他の地方から赴任してきた先生でも、判断を謝る事はなかったのではないでしょうか。
      結果として南海トラフ以外で地震が起こり、被害が出ている。何を研究しているのかは知りませんが、研究が間違っているのは結果が示しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA