毎日新聞「侍ジャパンは軍国主義」  虎ノ門ニュース百田さん山口敬之さん

百田尚樹さん 「毎日新聞の詩人の金時鐘さんの記事について、この方が『侍ジャパン』と言うなと言っています。

侍というのは特権階級で農民たちを切り捨てていた。農民たちは逆に明治維新になって苗字をもらって喜んだ。

これが愛国主義になり軍国主義に突っ走って行ったと。

全然関係ない。日本のサッカーチームに侍ジャパンというネーミングを付けたが、侍というのは精神のものです。

気高く美しくそして人々のために剣を抜くという日本古来の精神を則って名前を付けたのに、軍国主義がどうのこうのと。

これをまあ、在日朝鮮人が言うのはいい。日本の文化も知らないし。ただそれは朝鮮日報で語ってくれと。

これを毎日新聞社が喜んで、まさに時の政権を批判するかのように、在日朝鮮人の方が語るでたらめな事を新聞に載せるなと。

じつはこの続きがある。

なでしこジャパンも批判しています。

大和撫子というのは戦争中に夫たち子供たちを戦地に送り出して、戦死してもグッと涙をこらえて、泣かなかった。これがすばらしい大和撫子だと。

この大和撫子という言葉を使うことは、まさに軍国主義を称賛しているのでないかと。

とまで書いてあります。

大和撫子とはそう意味は全くなく、古来日本人の、古き良き日本の良さ、日本女性のすばらしさを『撫子』という言葉に例えて言ってるのに。

さらに背景がひどい。金時鐘さんが侍ジャパンの事を言っている時に、

毎日新聞社の記者が『じゃあ、なでしこは?』とわざわざ聞いているのです。

本来は逆で『ちょっと待ってくれ、あんたの侍のイメージは全く違う』と言わなければいけません。

斬り捨て御免と言っていますが、侍は切り捨て御免では許されません。

侍は仮に農民や町人を斬ったとしても、斬ったら最後絶対に切腹です。

下手したらお家断絶。

理由なしに人を斬ることはできない。

当時の侍というのは一生に一度しか刀を抜けない。

刀を抜いたら最後、相手が誰であろうとただでは済みません。

時代劇とは違います。

この朝鮮の詩人は間違った日本文化を言うなと。

で、それを聞いた毎日新聞社の記者は間違ってることを正せと。

農民も昔から苗字はありました。あくまで公式上はないということになっているが農民も町人もみんな苗字はありました。

むちゃくちゃや。この毎日新聞の流れがTBSや。

山口敬之さん 「(毎日新聞は)結局反日教育、反日を語る事を称揚しているのは確かです。

これは言葉狩りになりかねません。

侍という精神を軍国主義と受け止める方がいたとして、その方が不快に思うかどうかということと、このまま行くと、じゃあ侍ジャパンをやめろということを言いたいのか。

では毎日新聞はどういう立場でこれを乗せたのかというのは、いわゆる反日に寄り添う姿勢を見せるという土壌は載せた側が責任をもって解説をしなければならない。

何を意図しているのか。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA