鳥越さん280万票が130万票に。都知事選

小池さんが290万票で当選しました。増田さんが170万票、鳥越さんが130万票です。

初期の票読みから見ると鳥越さんが多くて280万票取る予定だったので、なかなかの変動です。

途中鳥越さんの選挙カーから政党名が一切消えてしまうこともありましたが、野党からの統一候補は変わらないようですね。

増田さんも200万票と予想されていたので票を減らした形です。外国人参政権賛成の過去までは、まあよかったのですが、岩手県知事時代の公務員の国籍要件の撤廃がばれてしまい、信用を失いました。

小池さんは保守層を中心に票を集め、終盤、石原慎太郎さんの「厚化粧」発言が強力なエールになり、女性票も得て順当勝ちを収めました。

小池さんの気になったのは青山繁晴さんが「知らないことを知っていると言う人間」だと言っていたことと、国際人材議員連盟の会長の過去を完全になかったことにしていることですかね。

ちなみに山村 明義先生による「選挙の科学」では鳥越候補を支援する民進党は約118万票、共産党85万票、社民17万票、生活の党19万票、合わせて基礎票は約239万票で、これに約30万票近い「上積み票」が確実視されている。 ということなので、

当初の280万票が130万票まで割った鳥越さんは科学をも打ち破ってしまいました。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA