沖縄戦、姫百合部隊     青山繁晴さんの演説

青山さんの演説の一部です。

 

硫黄島がアメリカ軍にとられたその朝に、米軍は次に沖縄の慶良間諸島に上陸して沖縄戦が始まったのです。

そして沖縄戦でもやっぱりこの首都圏からもたくさんの普通の人が行かれて、頭が割れ、はらわたが飛び出しました。

それを看護してくれたのは、沖縄のまだ恋も知らなかった15,6の女の子です。

沖縄の学徒看護隊というのは沖縄に全部で9つあったのです。姫百合部隊だけ映画にもなり観光地にもなりましたが、本当は沖縄で一番エリートの女学生が姫百合であって、本当は沖縄県立第二高等女学校、第三高等女学校、私立の女高等学校、農業専門の女学校が全部で9つあったのです。

残りの8つは沖縄でも観光地になっていないから、忘れ去れているんです。そのうちの1つの白梅の塔、沖縄県立第2高等女学校の自決壕は観光地になってないから昔のままなのです。

縁あって僕は37年間お参りしています。僕が行った時でも、あるいはみなさんが沖縄観光のついでに行ってていただいて、その自決壕に入っていただくと僕だけじゃなくて、たくさんの人が感じるのは、お下げ髪やおかっぱ頭の女の子が触ってくるんです。

僕は37年間お参りしていてまだ怖いです。しかし僕たちは怖いだけだけど、触った女の子には何が起きますか。

ようやく報われるのです。ようやく犬死にじゃなかったことがようやくわかるのです。

僕たちが元気な姿で自決壕に行けば、僕たちを触って、まだ恋の知らずに死んでいったけれど、自分たちのおかげでこうやって命がつながっていて、日本は蘇っているんだということが少女たちが分かっていただける。

硫黄島も地下壕のおかげで36日間持ちこたえたのです。僕は硫黄島に行った後に、ワシントンに行って記録を調べたら、アメリカ軍は5日間で落とす予定だった。

あえて単純計算ですけれど、引いた31日分爆撃が遅れて、それで生まれたのが、私たちです。

それを思えば、先の戦争で何があったのか、それを教育で考え、硫黄島を立ち入り禁止ではなくて、修学旅行の場や社会人の教育の場として、そうして私たちの70年前の歴史をもう1度丁寧に積み上げていけば、慰安婦問題とかそういう不愉快な問題も自然と後に引いて行く。

そういうことを一般企業ではできませんから、それをやるのも実は政治の役割なのです。

そうやって正しい誇りを取り戻していくことが、例えば日本は資源のない、戦争に負けた国だからしょうがないという気持ちが乗り越えられて、

僕たちは2004年から日本海から取り出しているメタンハイドレートをもっと普通の目で見てくれるようになって、これは使えるんじゃないかとみんなが思っていただくと、日本経済が今までの頭打ちになっているのが、資源産業がだいたい日本海からとれますから、過疎に苦しむ日本海側が今までの日本にはできなかった新しい資源産業が起こったら、

必ず首都圏にもその効果が及んでくるんです。私たちがすべきことというのはこのように根っこがつながっている。これをできるのもじつは政治しかないのです。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA