選挙に行くときは誰に投票するか決めてから行きましょう

翁長知事って選挙運動で有権者宅に直接訪れる法律違反の犯罪やったけど、捕まらないよね。民進党の山尾さんもガソリン代やら秘書のせいにして捕まらないよね。
それに対して甘利さんは秘書の責任は自分の責任として逮捕・・・じゃなかった辞任ですね。田母神さんは逮捕されましたけど。
わきの甘さもあると思いますが、結局自分の判断や周りからの通告で決まっちゃうってことでしょうか。それはいいとして、この差は何なんでしょうか。
悪い人は許されて、日本のため正義のために戦っている人はやられるのが早すぎませんか?
それだけ反日勢力の力が強いのでしょうね。そんな国、日本だけなんでしょうかね?海外で自分の国をおとしめる行為をする団体がいる国ってあるのでしょうか。スパイ防止法を作って悪い奴らを取り締まってほしいですよね。
破壊活動防止法の監視対象の日本共産党はヨーロッパでは禁止されてアメリカでも危険視されている共産主義を唱える党ですが、これは韓国人が見ると、なんで普通の政党に混じって共産党があるんだよ。日本人頭おかしいだろ。どこまで自由なんだよ。と驚くと言います。
中国にサンゴを奪われ、天然資源も横取りされ、漁船は追突されるわ、韓国からは竹島を漁民が殺されて奪われた状態になっています。
WGIP(ググってね)のせいでしょうが、今生きている人は普通に違和感を感じると思います。
売国活動が進んでいる国ランキングとかあれば日本はダントツ一位なのかな。
日頃起きているニュースや事件を自分なりに考え、選挙を見据えて誰がまともか誰がおかしいか普段からアンテナをはっておきましょう。
政治に参加できるひとつの方法が選挙です。自分の考えと合っている人を応援しましょう。
知名度で選ぶと舛添さんのようなことになってしまいます。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA