沖縄について 虎ノ門ニュース19日青山さん2

私たちの中ではすごく健全な感覚が立派にあって、少数派ですが、そういう人が確実にいて、みんながいかに正当な関心を持って、響き合うものを持っているか。それがある限り日本は大丈夫。私たちが本当は偉いのだから。翁長さんも舛添さんも安倍総理も山口さんも岡田さんも、全員代理人ににすぎないのですから。主人公の僕らがしっかりしているのだから大丈夫です。そのかわり、この国の主人公の自覚をしっかり持ちましょう。主人公の自覚があったら、誰を選ぶというのを自分で考えて投票場へ行きます。投票場へ行かないなんてことはあり得ません。

中山知事がおっしゃっていましたが、中国共産党、あるいは中国政府は本当に巧妙でしたたかです。まず文化の侵略からはじめています。例えば孔子学院といって中国語が勉強できますと言いながら文化的侵略を那覇をはじめ沖縄で本当にやっていると。

中山知事の二期目の選挙の時、中山知事を応援しているという沖縄の若い人が訪ねてきて、長野に出張しているときにわざわざ長野まで来て、カメラを持ってきて、映像を撮っていいですかと。中山県政をどうお考えですかと青山さんしゃべってくださいと。それを那覇市内の例えば東京でもありますが大スクリーンに出しますからと。お金もかけて頑張っているなと思って、仕事を長野まで行っているのに1個キャンセルして長野の方々には迷惑をかけましたが、沖縄まで行ったところ、ところで、青山さん、中国批判をやめてください。とそういった本人今は国会議員になっています。しかも保守系の。沖縄は中国頼みで、それが浸透しているので、中国批判はやめてくださいと。青山さんはそれはできませんと。自由にしゃべれって言ったじゃないですか。それで中国に対してどういう風にすべきかとという話をしました。しかし後で聞きましたがそこは全部カット。

それが現実だということをこの現実を我々は知らなければいけません。ということは沖縄の経済の振興策、例えば事実上の補助でやるのではなく、自立できる経済にすると。観光客頼みだけではなくて、例えばメタンハイドレートにしても、日本海側で力を入れてやっていますが、沖縄も拠点になる可能性があるし、尖閣諸島当たりのガス田についても、あるいは海底油田についても、実はあれをちゃんと採掘していくと、当然沖縄が資源産業の根幹になります。この場合、在来型の。在来型の資源開発だと、技術的にも非常にやりやすい。今までたくさん技術があるから。

すでに中国は尖閣諸島の下から実際ガスをとっちゃって、海上自衛隊機で現場に行って撮影しています。専門の人が見ると出ている炎の色でその段階がわかります。中国の技術でできるので日本の技術では間違いなく取り出すことができます。メタンハイドレートいうのはすでに確立された技術があるのでやろうと思えば、中国に対して正当に向かい合ってやろうと思えばすぐできるのです。

そうすると沖縄は今までと全然経済が変わります。エネルギー拠点、資源産業の拠点になります。そういう沖縄振興をやらなければいけません。

外交とか地方自治とか経済とかエネルギーは全部つながっています。知的ゲームでつながっているのではなくて、我々の生き方の根幹としてつながっています。そうしたら、チャイナからの飛行機とかチャイナマネーに頼る必要はありません。そういうことが本当の沖縄振興なので、安倍政権も含めて、横から助けてあげますではなくて、そのためには尖閣諸島の漁業もちゃんと振興し、エネルギーを取り出せるようにしましょう。すべてはつながっています。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA