翁長知事 虎ノ門ニュース19日青山さん

選挙は知名度だけで投票すると舛添さんのような人が選ばれまれてしまいます。よく考えてから投票したいですね。かといってテレビ新聞は伝えきれてません。地道な実務者、清潔でわが身を捨ててやってきたところがあるという人を探し出すには、ネットから選んで候補者を押し出すのがよいでしょう。知名度選挙だけはやめなければなりません。

翁長知事が16日渡米して移設反対を訴えました。こういう恥さらしはやめていただきたいんですよ。日本国民の一人として、国家が同じ主権国家同士で日米で決めたことについて地元であっても自治体の側から外国に対して助けを求めに行くというのは恥そのものです。これは沖縄県民が立ち上がるべきだと思います。国を誤るという意味では深刻な問題です。翁長さんはアメリカに何度も行っていますが、これまでアメリカ側にビシッとやられました。アメリカ政府の人間や、アメリカの上院議員たちにやられたのは国同士の話なので、自治体が言うのはおかしくないですかというのを実際は厳しく言われています。翁長さんが今何をしているかというとよしなに扱ってくれる人を探して、アポとれたと言っているわけです。こういうのを出来レースと言います。翁長さんが国家間の約束であっても志をもってやらなければいけないと思うのであれば、一番厳しいことを言われた人に何度も会ってすぐ帰ってくるのではなく何度でも相手を呼び、公開の場で議論するのであればまだわかりますが、現実にやっているのは厳しいことを言う人には目線もあわさず、事前交渉で柔らかそうなところを選んで行くというのは、アメリカに議論しに行っているのではなく、要するに、なぐさめてもらって、すり寄って行って、アメリカの外圧で、我々が民主的手続きで選んでいる政権に対して圧力をかけろとアメリカに言っているわけです。こんな恥な話はあるでしょうか。

チャンネル桜とザ・ボイス、それとこの番組で言いましたが、元々の経緯が福岡に中国の総領事がいらっしゃいました。その総領事が南下して那覇に入って、そして沖縄県連の華僑の方々、華僑の方々に罪はありません。でも華僑の方々を集めて秘密会議を行って、日本のことを大好きな華僑の人もいます。中山知事、翁長さんと知事選を争って三期目出ようとして新人の翁長さんに負けた中山一族はもともと渡来人だから味方になってくれると思ったら逆だったと。渡来人だからこそ日本を愛する姿勢だからこれはだめだと。しかし幸い高齢で三期目はなかなかなれないから、これはチャンスと中国の言うことを聞く人を探したところ、見つかったと言っているわけです。どこに見つかったかというと、足元の那覇市長だと。自由民主党沖縄県連幹事長をやっていた翁長雄志という人物は実は不平不満の塊だと。そもそも自民党の中央は地方の県議を馬鹿にしていると。なんで俺が国会議員になれないんだと。という不平不満を持っているからここに食い込むことができると。要はお金の力も使って受け入れる余地もあると。そういう判断をしたわけです。翁長さんの名誉のために言っておきますが、翁長さんがそうだったというのではなく、中国共産党の政治工作の中でそういう判断をしたわけです。

そのあと実際に翁長さんがこれは事実として水面下で中国側とたくさん話をするようになった。そうすると中国共産党はさすがと言えばさすがで動きが早くて、それまでの功績がある中国の総領事を交代させました。年齢は若いが共産党の中では地位が上のさらにやり手の総領事に交代させて、それが何度も那覇に乗り込んでいます。秘密工作を行っていてその中身も全部実は日本側もキャッチしています。どんどん翁長さんを支えていって、その時に裏約束で無事知事になったのであれば福建省と那覇の定期航空便を開設してやると。これは今や中国の常とう手段で、台湾で初の女性総統の蔡英文さんが就任なさいましたが、沖ノ鳥島に急に軍艦を出してむちゃくちゃやっていますけど、ああいう派手な見かけだけじゃなくて、要するに飛行機の数を減らそうとしている。蔡英文さんが中国になびかなかったら、台湾と中国の間の飛行機を減らしてやると。そうすると台湾も、日本も中国の観光客で潤っている人がいるように、台湾にもそれはいっぱいいてそれを減らしてやると。

飛行機の話は常とう手段なわけです。福建省と那覇の間に定期便を作ってやると。しかもこの話を一知事でも李克強首相に会わせて決めさせてやると。李克強首相は今は中国は反日路線なので(ずっと反日ではないが今は反日路線なので)なかなか日本の首脳が行っても李克強首相は出てきません。一知事が中央政府が行っても会えないのに地方から行って会えるようにしてやるから。というふうに全部セットアップして実際に翁長さんが中国の代弁者となっている河野洋平衆院議長閣下と三権分立によると立法権が一番偉くて衆院議長閣下が国の権力の中で一番上だということになっています。その河野洋平さんに連れられて行って、李克強首相に会った時に、深く頭を下げて握手しました。安倍さんとの握手は頭を下げません。安倍さんはさげますが。写真がネットでアップされています。定期便は開設されてすでに飛んでいます。こういう中でアメリカで事前の裏折衝で都合のよかった議員に会ってお願いします。外圧かけてくれという行為。これは日本国の知事でしょうか。

私たちの沖縄を。沖縄を愛しているからこそ沖縄戦にもなったんですよ。捨て石にしたんだったら誰も行くことはなかった。その沖縄を改めて守るために中国の脅威からしっかり沖縄県石垣島の尖閣諸島も含めて、そこの漁民の方々の生活権、働く権利を守るためにも沖縄ローカルとだけ考えないで私たちは沖縄県民とともに乗り越えていかないといけません。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

ブロトピ:日本人として日本を守りたい、日本を本当の意味で独立させたいと言ったようなトピックス

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA