昭和天皇と民主主義、アジアの役割 虎8ニュース4月7日青山さんとケントさん

昭和天皇は日米戦争には反対でした。アメリカ、イギリスとは戦ってはいけない。古来から日本は民主主義です。タイプは違えど同じ民主主義同士は戦ってはいけない。ヒトラー、ムッソリーニとは絶対に手を組むな。その御心を無視して日独伊防共協定に至ってしまったのが敗戦につながる歴史です。陛下が愛された国の一つが実はアメリカでした。ドイツ、イギリス、フランスはウソを上手に言う者が言わば値打ちがあるとされています。アメリカだけは愚直なまでに正直さを大事にします。主要国で嘘をつくこと自体が悪いことだとするのは日本人とアメリカ人だけです。魂の根幹で共通する部分があります。日米関係の未来はドルと円で、自衛隊、将来の日本国軍とアメリカ軍です。アメリカはイラク戦争で嫌なことをたくさん学び、勝った勝ったばかりではなくなりました。日米同盟こそが世界の違う価値観を作ります。プーチンさんの価値観、習近平さんの価値観、様々あるでしょうが、ドイツなどはあまりに上手に嘘をついて全部ナチスのせいにしたため難民が押し寄せてきた時にメルケルさん頭がいいので余計にドイツ人は人道的なので全部受け入れると言ったのでヨーロッパは今破たんしつつあるわけです。難民こそ被害者で来いと言われたから来たのに今度は出て行けトルコに連れて行くぞという話がされています。それを考えると敗者の中で日本が責任が大きくなり、そして一番人間にとっての価値観。子供の時に親がウソをつくなと教えること。それをずっと残していく日米共通の文化を考えて行くと日米同盟の未来を我々が支えなければいけません。

特定アジアを除くアジア諸国は日本が好きです。日本と手を組んで地域全体の平和を作っていきたいのです。それぞれ力は限界があります。みんなで力を合わせれば十分に東アジア地域を安定させることができる。これが日本の役割です。NATO(北大西洋条約機構)のようなパシフィック条約機構を作ってはどうでしょうか。そのためには日本は憲法を改正しなければいけませんが。日本だけが出ていくのではなくて、アメリカと決別するわけでもありません。みんなで協力できる体制を作らなければなりません。なぜ憲法を変えなければいけないのか改正した後にどういう世界が開けるのか。そういう話です。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA