自衛隊について井上さん 4月5日の虎ノ門ニュース8時入り!

憲法9条を見てみると「あってはならないことは考えてはならない」という側面が見えます。それは「大災害は日本で起きてはならない」と言っているのと同じです。

東日本大震災による自衛隊の活躍は記憶に新しいところですが、今の憲法ではもし、これから外国によるテロや侵略行為が行われた場合、ベストな行動ができる状態ではなく、むしろ自衛隊員の命を危ういものにする法律なのです。自衛隊をいかに動かさないに重点を置いたもので、国会議事堂も守れないし、皇居も守れない状況です。さらに外国船が日本人を拉致して、被害者が甲板から助けてくれと手を振っても助けられない状態なのです。東日本大震災により自衛隊が必要だとわかったはずです。

宮城県石巻の大川小学校の小学1年生女の子が自衛隊に手紙を渡しました。被害でほとんどの児童が亡くなられた小学校です。その内容はこうです。震災で自分のお友達が亡くなってしまいました。でも自衛隊が頑張ってくれているので、自分も頑張ります。日本を助けてください。いつも応援しています。ありがとう。というものです。小学1年生の子供が日本を助けてくださいという言葉を自衛隊に託す。このことを我々は忘れてはいけません。安保法制があることによって米軍1万4千人が日本に駆けつけてくれた。日米同盟があることによってできたことです。これからの安保法制はこれを考えたうえで見届けるべきです。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA