テロ対策と抑止力 3月24日(木)の虎八ニュースのまとめ

毎週月曜日と木曜日は虎八ニュース見てます。朝8時からニコ生等でやってるんですが、月曜日は武田邦彦さん、木曜日は青山繁晴さんが出てます。メモ取りながら見てるんで、そのまとめをしようかと。

最近ベルギーでテロがありました。22日にイスラム国で犯行声明があったベルギー同時多発テロです。朝の地下鉄で働き盛りの人たちも多く亡くなりました。しかし、その背景にはいろいろあるようです。EUの本部があるベルギーの首都であるブラッセル(ブリュッセル)の町中にイスラム教徒が占拠している場所があり、そこには軍が使う武器(横流し)が公然と売られているというのです。そこは周辺の国も知っていて警戒しているます。また、テロが起きる以前にトルコで自爆犯を捕まえて、ベルギーに強制送還された事件があり、そこでトルコ政府はベルギーに対し、警戒をつよめるよう指示したのですが、あまり動かなかったようです。(こんなこと書いて大丈夫なのか?)

んで今度伊勢でサミットがありますよね。(テロについても話し合うとか)日本はテロは大丈夫なのか?ってことなんですけど、フランスのパリで起こったテロ、イギリスのロンドンで起こったテロと状況が似ているということなんですね。警察は24万人いますが、伊勢に結構集まるため、手薄になるところがあり、そこで大阪京都が狙われやすいとか。京都は役庁移転が海外でも報道され、旅行の行きたい国ランキングでも上位で外国人から人気があります。テロを行う時は田舎よりも都会の方が目立つのでテロリストはそういった場所を好むらしいのです。ニュースでは日本は安全だと言っているようですが、テロに関しては別です。空港や新幹線でも手荷物検査をするべきと青山さんは言っています。成田でも昔は手荷物検査をやっていたそうです。ニューヨークの地下鉄では今でも抜き打ちで手荷物検査をしています。それがテロに対する抑止力になっています。

警察が手薄になるんだったら自衛隊による準備はできないのか?ということなんですが、日本の自衛隊は世界でただ一つのポジティブリスト(リストにあることしかやってはいけない)の国なのです。出動させるには治安出動になり、日本の国防を取り仕切っている警察の手におえないときに自衛隊の出動を政府にお願いし、大臣たちの反対なし、国家公安委員長も賛成して、閣議決定でようやく自衛隊が出動するのです。まず無理ですね。スピーディーにやることできるのかな?青山さん曰く、そもそも日本は戦争に負けて軍隊を否定した。国民を守るという文字がイチジモ!(←虎八ニュースを見ましょう)書いてない憲法のまま国防は警察が握っている国なのです。

うん、わかりにくいです。はい。まだ理解不足であるのと、こんなこと書いて大丈夫なのかという不安で躊躇が出てしまいました。こんな稚拙な文章ですが読んでくださった方、感想でも指摘でも批判でもいいのでコメントくれたらうれしいです。


保守 ブログランキングへ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA