北朝鮮と密約を結んだ小泉総理の正体    虎ノ門ニュース 青山さん

トランプさんと拉致被害者の会談を終えた横田さきえさんは、

「かつてジュネーブで高等弁務官に会った時にも目に怒りの涙を浮かべて拉致被害者の事を考えてくださいました。

トランプさんはその再来でした。」とおっしゃった。

 

今回、北朝鮮はトランプ大統領のヒントを受け取っている。

トランプさんは拉致被害者の方とお会いになった後、「これは重大なヒントだ。北朝鮮が拉致被害者を返すのなら対話のきっかけになる」と言った。

これは北朝鮮にとったら2002年の再来ができる。

2002年9月17日、小泉総理が本当は頑張ったのではなくて、拉致被害者なんかさっさと処理して日朝国交正常化をやって、自由民主党の中の既得権益グループに権益を与えたいというのが小泉総理の正体。

この事をはっきりさせないで引退なんて勝手にしてはいけない。

あの時、北朝鮮は小泉総理と手を組んで自分たちが都合がいいと思った曽我ひとみさんを含めた5人だけ選んで、犯人が選んで、それもしばらくの間、日本にいて、また北朝鮮に返すという密約を小泉総理と結んでいた。

それと似たようなことになりかねない。

また拉致被害者の中で都合のいい人だけ選んで何人か返すと。そして、そのきっかけで米朝が裏合意して北朝鮮の日本に届く核は認めるがアメリカまで届くものは捨てる。これで合意してしまうという最悪のケースを考えなければいけない。

喜んでいる場合ではない。

ご家族と被害者の自助努力は尊くてその方々はトランプさんが怒ってくれてよかった。それはそれで万全だが、

私達、主権者有権者もそんなおかしな交渉にならないように小泉訪朝の失敗を繰り返さないように、安倍総理を始め決意を固めなければいけない。

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

北朝鮮に核を持たせてはいけない。  虎ノ門ニュース 北村晴男さん

北朝鮮は核を保有する権利を主張している。

アメリカは核を有している。

「アメリカは自ら核を持っていながら、北朝鮮に対して核を持つなとは何事か」という人がいる。

銃乱射事件を見ると、犯罪者が自由に銃を持つ社会は恐ろしい社会である。

世界ですべての国が核兵器を持つという事はそれだけ危険性を高めることになる。

まして北朝鮮のような犯罪国家が、拉致もする、殺害もする、紙幣の偽造もする、薬物を売りまくる、こういうことをする国が核兵器を持つという事はいいのか悪いのか。自明のことである。悪いに決まっている。

誰が何と言おうと、アメリカが核が持っていようと、他の国が持っていようと、日本が持っていまいと、何でもいいから、とにかく北朝鮮に核を持たせてはいけない。

自明の事だが、「そうじゃないよと。北朝鮮にが核を持つのは自由じゃないかなぜかというとアメリカだって持ってるじゃないか」

という議論をするアホなヤツもいる。

 

~~~~~ここまで引用~~~~~

 

アホなヤツとは武田邦彦さんのことです。正確に言うと違いますが、同じことを言ってました。

やけに朝鮮の肩を持つところがあって、そこだけホント気持ち悪いんでやめてほしいんですよね。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

西村眞悟さんの回   虎ノ門ニュース百田さん

気が付けば虎ノ門ニュースの西村眞悟さんの回がもう消えそうなので、いいところをメモを取ります。

有料会員になれば全部見れるのかな?

 

マッカーサーは厚木に着いた時、恐怖のあまりおしっこ漏らしていた。

B-17に乗ってきたから。B-17はヨーロッパ戦線で撃墜されたことはない。

ドイツの戦闘機は墜とせなかった。

マッカーサーはフィリピンにはB-17が多いから大丈夫だと思っていた。

それをゼロ戦に1日で壊滅させられてしまった。

そのB-17に乗って厚木にやってきたが、公表したルートではなく迂回して来た。怖くて仕方なかった。

その程度奴ら。

 

アメリカ人作家がパリに住んでいた。小田実がアメリカ留学して『何でも見てやろう』という本を書いた。

その一説にアメリカに留学していてパリに行ったらここにアメリカ人作家がいると聞いたので、会いたいと言った。

朝に行ったのにぐでんぐでんに酔っぱらっている。

なぜかと聞いたら、硫黄島以来日本人に会うのは初めてだと言う。

機関銃で応戦していたら日本人将校が刀を抜いて機関銃の方に飛び込んできた。

殺されると思いフリーズした。

彼は俺に見向きもせず、機関銃を真っ二つに切った。

彼は満足そうに俺を見た。

その時に俺は恐怖に駆られてピストルを連射して彼を殺してしまった。

それ以来日本人に会うのは初めてだから飲まざるえなかった。

 

日本軍と戦ったあいつらはそういう敵と戦った。

だからションベンちびるほど怖かったはずだ。

 

だから日本の強さの中枢を破壊しようとした。

憲法9条も、東京裁判の起訴状も、WGIPもすべて一点。

日本軍の武力を剥奪する事。

この呪縛を恒久平和のためだと共同通信の論調のようなことを言っているという事はマッカーサーの罠にまんまとハマっている。

72年たった今も。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

靖国神社とは  虎ノ門ニュース 武田さん

靖国神社参拝は心情の問題であり、内政の問題であり、韓国中国が文句を言ったら、チベットから撤兵してから文句を言えと。

靖国神社に合祀されている英霊が戦犯だと言う人がいるが、東京裁判は裁判ではなく、リンチ。

リンチでやられた人を・・・

 

日本ばかりでなく、世界の有色人種を開放した英霊だから、大切にして、羽田とか成田に外国人が来たら、「東京見物もいいが、まずその前に靖国神社を参拝してくださいね。皆さんが自由になったのは靖国の英霊のおかげです。」と日本人は言うべき。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

日本の戦争目的、大国による小国支配の廃止  虎ノ門ニュース 武田さん

日本は世界を独立させた。

しかし大国が小国を力で抑えることをやめさせる事はできなかった。

ソ連はアフガニスタンなどの周りの国を全部占領した。

今は独立しているがウクライナ、フィンランドも危なかった。

アジアでは樺太や千島がロシアに占領されたままだが、

中国はもっとひどく1945年に共産党政権ができると1950年にはチベット、ウイグル、内モンゴル、満州、1978年にはベトナム、北朝鮮。

周りを全部権力でやった。

アメリカもそう。ハワイの王族を殺し(行方不明だが)ベトナムに行き、日本、韓国、アフガニスタンに行き、イラクに行った。

 

世界史的に言えば、日本が310万人という犠牲を出したことによって世界は全部独立した。

ところが今残っているのは大国が小国をやっつけるということ。

これから100年たったらフセイン大統領と北朝鮮の主席は偉かったとなる。

つまり大国支配の最後の抵抗。

9,11も大国支配への抵抗。

必ず世論は大国側につく。

日本の評論家は今、アメリカが正しい。北朝鮮は間違っていると言っている。

 

もっと大きなところから見ると、我々の全的な考えを思想統制しているのがNHK。

戦後、進駐軍は日本の8000冊の本を焼いた。

焼いて日本の過去を消して、日本が悪かったという事をギルティープログラムでやった。

そのギルティープログラムの中心をNHKが4つやる。

アメリカのギルティープログラムをNHKが何回もやるので我々は常に、とにかく日本が悪かったという事になり、日本人が日本人の心で考えて歴史を整理する事を妨害することになる。

間違った行為がなかったわけではないが、

日本軍は他の軍と違い、相手を救った。船が沈めば、アメリカ軍だろうがイギリス軍だろうが救った。

そして規律を全部守った。

そのことは全く放送しない。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

日本の戦争目的は成功した  虎ノ門ニュース 武田さん

NHKが終戦記念日特集をやっている。

本土空襲、731部隊、樺太戦、インパール作戦の4つ。

受信料を払っているのに、NHKは我々の子供たちをやっつけるための放送をしている。

日本の戦争は500年にわたる白人による先進国がアジアの人達を殺してきた。

アメリカは航海中難しくなると黒人奴隷を平気で海に捨ててきた。

これに対する最後の抵抗が日本の抵抗。

形式的には負けたが、決して負けていない。

戦争が終わったことによって日本はイギリス、オランダなどをやっつけ、アメリカですら植民地のフィリピンを手放さざるをえなかった。

日本の戦争目的は成功した。

アジア、アフリカの人達は解放された。

 

しかしその後に残念ながら残ったものがあった。

1943年に大東亜会議を東条英機がやって、これからの世界は力によって弱い国をやっつけるという事をやめようと言った。

その前は17世紀のウェストファリア条約があり、ここでは軍事力を均衡させ、強い国が弱い国をやっつけるのをやめようと。

強い国が出てくると弱い国が連帯して、強い国と合わせようじゃないかと。

この考えはある意味成功した。

それで戦争が減ってきた。

 

その次の概念が東条英機。世界的に見ても偉い人。

有色人種初めての国際会議が大東亜会議。

そこで彼が言ったのは強い国が弱い国をやっつけるのをやめようと言った。

資源国が非資源国をやっつけるのをやめようと言った。

これができなかった。

しかし日本の戦争により、白人と有色人種が同等であるという事は達成した。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

稲田元防衛大臣について。  虎ノ門ニュース青山さん

稲田元防衛大臣に対し、青山さんの質問。

「そもそも日報は2月6日7日に統合幕僚幹部が発表していてPKOの部隊は陸上幕僚幹部ではなく、統合幕僚幹部が指揮権を持っているから、そこが日報を発表したら終わり。

その後、陸幕は関係ないでしょう。なぜそれを説明しない。だから稲田大臣にも責任があると申し上げた。

それについて残念だったのは統幕は発表していて陸幕は本来関係ないという事をおっしゃらずに、私にも責任があるとだけおっしゃった。

これは稲田さんだろうが安部さんだろうが誰であろうと言うべき。

~~~ここまで引用~~~

 

稲田さんは結局勉強ができるだけのお嬢ちゃんだったというのが私の印象。

靖国神社参拝をしないで辻元に泣かされたり、マティス国防長官にあいつはやばいと言われたり、中国、北朝鮮への態度にも防衛大臣として存在感がなかった。

菅元総理への質問で稲田無双を見せ、明らかな悪に対し正論をぶつけることで評価を得たが、過去を語るより未来への舵取りの方が大事な仕事。

過去にアメリカに行ったときに次期総理大臣とおだてられて帰ってきたのが懐かしいが、これほど仕事ができないとは思わなかった。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

ブロトピ:最近のニュース

Pocket

九州豪雨    虎ノ門ニュース武田さん

科学的に見れば今回は人災。

 

異常気象が温暖化のせいだと言った。

二酸化炭素を減らせば水害もなくなる。

こういう論理ですでに京都議定書から20年、二酸化炭素の削減と言ってやってきた。

しかし日本が二酸化炭素を削減したところで日本は世界の3.9%しか出していない。

日本の1年分はアメリカと中国で増える分だけで消えてしまう。

非合理的な事を続けてきた。

 

二酸化炭素で温暖化するかは別として、

温暖化するにしても対策がいる。

二酸化炭素を減らすという事は対策にはならない。

中国、アメリカが協力しない限り、日本はやっても無駄。

それをやってきた。

それを裏打ちするためにデータを捏造する。

アメダスを次々と作り、歴史的初めてという言い方をずっとする。

それによって温暖化して雨が激しくなったので、水害はやむを得ない。という論理になった。

その結果、水害対策、治水がすごく遅れた。

 

一つは流木の問題。

リサイクルが進んで山が保全できなくなった。

今までは端材を枝落ちしたり、間引きしたりしてそれをベニヤに使ったり、紙に使っていた。

紙のリサイクルはしてはいけない。

日本は国土面積の3分の2が森林のところは、とにかく、割りばし、つまようじ、ベニヤ、紙をできるだけ使て、やっと山が保全できる。

山をやる人が自分の能力でやるのであれば、枝落ちしたり間引きした木を売れなければどうにもならない。

林業がどんどんダメになり山が放置されるようになった。

山の水害を防止する樹木のポイントは、樹木をできるだけ太くして、根を厚くして、流木しない、もしくは落ち葉で保水量が上がる。大量の雨を保持する。

結果に対して対策を取るのが普通だが、関係のない原因を追究した。

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

文科省の前川と日本の闇   虎8青山さん

26日の虎ノ門ニュースの青山さんですが、思いっきり日本の闇をバラしてました。

加計学園の前川はただの援助交際のエロおやじかと思っていたら、実は福田総理の時に良心派の官僚が働きかけた教科書に領土問題を書くことを握りつぶした中心人物。

利権、既得権益を守る側の人間、そういうヤツらが日本を戦後支配してきた。

前川達の文科省の役人は天下り斡旋など法律違反をし、横流しした金で酒を飲み、女を買い、贅沢三昧な暮らしをしている。

 

連合の初代会長の山岸さんは既得権益を守ろうとする勢力と戦っていた(憲法改正派)。山岸さんは「青山よ歌舞伎町へ行け、そこでその様を見てこい。オレを追い落とそうとしているやつらが組合費を流用して、ドンドン酒を飲み、女を買っている」

「それに対しわが方は一点の曇りもない」

「憲法を変えるな。今までの日本でよかったと言うヤツは組合費をくすねて歌舞伎町で酒を飲んで女を買っている」

「青山お前は実態をつかめ」

 

その後、青山さんの働きにより日教組より悪い組織、自治労の後藤が在宅起訴された。

 

前川の実態と背景、それを擁護していたメディアや政党の正体が国民の知ることとなればよいが。

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

死亡率調査、男女ともに青森1位、塩分取りすぎか  武田通信

朝日新聞の記事の概要によると厚生労働省が都道府県別に見た2015年の死亡率の調査結果を公表した。

男女ともに青森県が最も高く、長野県が最も低く、北東北3県が男性の上位を占めた。

保存食として塩分を多く使く寒い地域の食文化の影響で、長野は生活習慣を改善してきた効果があると見ている。

 

武田さん  「青森は塩分摂取1位だが、一番長寿の長野は塩分摂取2位。

長野県は塩分は2位だけど、生活を改善したからと言っているが、青森だって改善している。

塩分を取ると血圧が上がるというのは薬の利権ためのウソだが、塩分を取ると血圧が上がる、血圧が上がると死亡率が増える。こればかり言っている。

長野県が塩分の2位という肝心な事を書かずに

責任逃れに「塩分の取りすぎが影響」と書いてある。

青森と長野はほとんど同じ塩分の取り方。

しかし平均寿命で見ると青森が1番低く、長野県は一番長寿。

ここから塩分と血圧は関係ないのではないかと調べた学者が出てきた。

さらに血圧が高いという事は悪い事じゃないという事が解ってきた。

しかし薬の利権で表には出てこない。」

 

須田さん 「食文化が破壊されている」

 

武田さん 「塩を多く取る土地はリンゴの産地が多い。

塩を取ることによる調整(浸透圧など)をリンゴがする。

リンゴと塩はリンクがあるというデータがある。

長野県は野菜がとる量が多いなどのはデータはない。

生活習慣に係ることは雑な事を言わない方がいい。

熱中症、ガン、認知症は血圧と強い関係がある。血が少なくて(血圧が少ないという事は血が少ないという事)血の巡りが悪くて健康なんてことは絶対にない。

温泉に入るという事は血の巡りをよくするためだから。

血圧、塩はNHKが長い間誤報を流してきた。

国民がみんな間違った方向へ行ってしまった。

~~~ここまで引用~~~

 

平均寿命は1位の県もあればビリの県もある。無理やり寿命を延ばしている医療も背景にあり、少なからず影響しているだろう。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ

Pocket

虎ノ門ニュースのまとめと自分のコラム